続・芥川で遊ぶ!

 大阪府高槻市を流れる芥川やその他フィールドでの写真など。

16/08/15 WAR ボブ・マーレイ 

 8月は戦争と静かに向き合うのが正しい過ごし方だと思うのです。まあ四六時中向き合うわけにはいかないのですが、今回は戦争遺構を取り上げてみます。また長くてくどいのですいません。

 さっそくですが、高槻市民としては避けて通れないのが「タチソ」。「カツキ カ ウコ」だから「タチソ」、あまり真剣に秘密にしようとしていないようです。山の際になるこのあたりにトンネルを掘って工場や司令部を空爆から逃れさせようとした。実際は機能せずに敗戦。

タチソ

 神峯山寺上流から流れる桧尾川流域のこのあたりは今、新名神の工事中。1号トンネル群、2号トンネル群を標高差マップに重ねてみました。トンネル群は現存するのですが、保存状態がよくないとのこと。

R1381502.jpg

 碑に書かれている通りだと思います。

R1381509.jpg

 この小山に2号トンネル群が掘られました。上記の碑は道路に面した左手にあります。

 さて淀川を渡って枚方市。枚方市には大阪城の砲兵工廠と連動した弾薬庫がありました。現在の中宮団地とか市民病院、小松製作所のあたり、広い敷地だったようです。

きんや


 地図は昭和22年ですから禁野弾薬庫跡(赤マーク、青マークは後述)とあります。この弾薬庫は2度、爆発事故を起こしています。1896年竣工で一度目の事故は1909年。近隣地域にも被害が出て反対運動があったのですがなんと事業拡張。2度目の爆発は1939年。死者94人重軽傷者約550人・・・。さらに引き続き事業継続っていったい何をやっていることやら。

 R1381628.jpg

 禁野幼稚園に、殉職した消防隊員の碑があります。手を合わせてきました。弾薬庫跡の碑は小松製作所の中にあるそうで、お盆の(日)では門番さんもいません。話し聞けず残念。中宮団地内には弾薬庫の土塁が説明版とともに保存されています。

R1381559.jpg

 これとか

R1381621.jpg

 これらです。
 先の古地図上の青線ですが、鉄道が通っていました。弾薬を乗せた列車は津田駅あたりで学研都市線に合流、そのまま京橋片町の大坂砲兵工廠へ。地図には国道307がありませんね。この廃線跡を国道にしたのでしょう。よく通る道が廃線跡だったなんて、うーむ抜かったわ!

R1381639.jpg

 この美しいカーブはまさに鉄路跡、現在は中宮平和ロードと名づけられ歴史的経過も説明されています。鉄路より前、もともと大阪城の砲兵工廠とは淀川の水運でつながっていました。

 というわけで以下へ続きます。


続きを読む

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2016/08/14(日) 21:44:30|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

16/08/08 Train train ザ・ブルーハーツ (京橋編)

 JR環状線は駅ごとに発車メロディが設定されているのですが、京橋駅は絶対あれしかないと思うのにいったいどういうことでしょう>JR。

 こたびは1932年(昭和7)の地図ですがオレンジの線が廃線部分、グリーン部分は京阪電車の廃線部分(ルート変更)ですね(後述)。桜ノ宮駅の北側に淀川駅というのがあったんですね。貨物駅だったとのことで、最近まであった梅田貨物駅のようなイメージでしょうか。付近には工場群。鉄道と水運と、一大輸送地だったと思われます。

京橋

 淀川駅のあったところは現在大阪市立総合医療センターがあり、そこに至る線路部分は今も広い幅の空地となっています。なにからかすつもりなのでしょうか。奥の大きなビルが総合医療センターです。

R1381057.jpg

 淀川駅を出た貨物線は環状線(当時は城東線)に合流するルートとは別に東へカーブし、さらに南北に分かれ城東貨物線に合流します。こういうのをデルタ線っていうんですね。このカーブは現在、

R1381091.jpg

 やっぱり美しいカーブを描く遊歩道になっています。「ビギンドーム」の下を左右に走るのは京街道、新京橋商店街。地図上で蛇行している道は元河川、数学的な美しい弧を描いてる道はもと線路、っていうことがままありますね。

R1381095.jpg

 ちゃんともと線路だったという説明書きがあります。

R1381114.jpg

 この遊歩道は京阪の高架をくぐると左右に分かれます。城東貨物線に合流する直前まで遊歩道は続いています。きちんと保存されていてありがたいことです。

  続きを読む

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/08/08(月) 08:20:32|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

16/08/07 Train train ザ・ブルーハーツ

 鉄道に特化した記事は初めてかもしれません。とりわけ廃線というのは心に引っかかるものがあるのですが、マニアックすぎますかね。今年廃線なりたてほやほや(?)があるというので、ついでではなくてそれを目的に行ってみました。

 久しぶりに訪れた阿部野橋です。阪堺線のホームが移転するようですね。向かって右側に新しいホーム建設中です。この石畳のホームも「廃線」になってしまうのですね。 



 やってきました「住吉公園駅」。まだ駅舎ありましたね、よかった。今年1月30日で次駅までの一駅分が廃線。この駅は知る人ぞ知る「日本一終電が早い駅」だったんですね。
R1380726.jpg

 平日が午前8時24分、土日が午前8時32分という。午前ですよ。駅舎の中には居酒屋もあるのですが、終電乗り過ごしてもまだ開店前というシュールな風景。鎖は別に瓦屋根を支えているわけではなさそうで、船の係留のイメージでしょうか。 最寄の南海住吉大社駅までは隣接しているので0m、阪堺線住吉鳥居前駅までは100mくらい。

R1380758.jpg

 住吉大社へは行ったことがありますがこの日は反対側へ。南海の高架をくぐると広い「住吉公園」。せみ時雨の公園をまっすぐ1本の道。向こうは海だったんですね。海岸から続くすみよっさんへの表参道。

R1380766.jpg

 もう一度戻って、途切れた線路とフェンス。この向こうに旧「住吉公園駅」があります。線路の輝きは電車が磨き上げてるんですね。使われないとすぐに錆びてしまう。

R1380706.jpg

 対角線からもう1枚。このダイヤモンドクロスも撤去されてしまうのでしょう。手前を横切るのはえびす町方面、電車の走っている奥は天王寺方面となります。

R1380841.jpg

 もう1本廃線ネタがあるのですが長くなるので後日ということにします。本日これにて失敬。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/08/07(日) 21:02:40|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

16/07/31 花の首飾り ザ・タイガース

 あまりご報告するネタがないので安否確認です。もうイネの花が咲いていますね。



 それにしても暑いですね。暑中お見舞い申し上げます。

続きを読む
  1. 2016/07/31(日) 21:11:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

16/07/23 Many Rivers To Cross ジミー・クリフ

 今日はあくあぴあ芥川と芥川倶楽部共催のイベント「お父さんのための魚とり講座」でした。48人の応募があったとのことで、盛況ですね。私は少しだけお手伝い。みなさんお疲れさまでした。ありがとうございました。

R1380658.jpg

 「収穫」についてあくあぴあ学芸員のHさんの解説。こういうのがあると面白さがぐっと深まります。ウシガエルは特定外来生物に指定されてるのでおたまじゃくしも持って帰れません、には大人もびっくり。

 R1380591.jpg

 付近の田んぼも夏模様です。濃厚な水のにおい。

 朝晩涼しいので助かります。疲れが取れますね。バテないうちに遊んでおこうと思います。
  1. 2016/07/23(土) 20:49:33|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

16/07/18 Like a Rolling Stone ボブ・ディラン

 連休出かけそこないましたので、ご近所探訪です。いつもの明治41年測図ですがいろいろ興味深いです。北から南に芥川が流れています。西のほうから流れてきた如是川と合流していますが、この川筋は今と変わらないですね。R171と新幹線がないのはいいとして(?)、高槻駅はあるのですが、摂津富田駅がありません。語ると長くなるのですが(面白いんですこれが)まあ蒸気機関車が走ることに反対運動があったとのことです。地図上では富田村の大きな集落が見えますね。あとは田んぼ。高槻駅のそばには城跡に軍事施設が作られています。

富田村

 この辺の村が合体して高槻市となるのですが、富田村を含む富田台地ってのがあって、現在の町名で言うと、富田丘町、桜が丘町、茨木市にとんで三島丘町と「丘」なんですね。富田台地は東海道本線を南方向に突き出した半島のような形をしています。画面左半分が富田台地ですね。ちなみに左上に「継体天皇陵」とされる太田茶臼山古墳。墳墓が描かれていないのは宮内庁が測量させないから、とにらんでいます(?)。中央上にあるムニャムニャなのが掘り放題の今城塚古墳ですね。

富田

 さて、丘は低地に比べて高地なので丘、なので低地に向かって坂があります。当たり前のことをなぜか力強く申し上げていますが、我が家のある低地からJR摂津富田駅に向かっては、ちょうど旧富田村の中の坂を上っていく形になります。坂に暮らす民は斜面に寝たり起きたりするのはあまりにもつらいので水平を作って家を建てたり畳をしいたりしますよね。それが年月を経て熟成されて、いい坂がたくさんあるんですよ。

P1680335.jpg

 斜面を水平にするには土を盛ったりして、土留めするのに石積みをしています。しかし、ああ石積みねって済ますことの出来ない逸品ってのがあるんです。石の1個1個、また民家との調和がすばらしい。(写真はちょっと色加工などしています)

P1680426.jpg

 野面積みっていうんですね。ブロック塀もこうなると面白い素材。

P1680349.jpg

 これは谷積み。石の加工技術が進んでこうなっていったと。よく見るやつですね。

P1680391.jpg

 お寺の鐘楼です。水平につむのは布積み。谷積みが和風伝統で、きっちり水平布積みは洋風とも。

P1680380.jpg

 野面積みと布積みのハイブリッド。

P1680373.jpg

 別角度から。上のほうに続く路地があります。どきどきします(?)。

P1680416.jpg

 神仏分離で神社から追い出されたのをあんまりだと地元の方が安置したお地蔵様。阿闍梨に出世したので転ばなくなったと。微妙に水平出ていないせいではないのか?これも石がいいなあ。

P1680361.jpg

 お地蔵様の前にもすてきな路地。

P1680434.jpg

 木造長屋と生垣、石積みと坂道。私としてはベストマッチ!

P1680419.jpg

 団子三兄弟(古い)みたいに見える(?)現役の酒蔵です。富田村の名前はJRの踏切に今も残っています。毎日ここを通って通勤する幸せをあらためてかみしめています(?)。

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2016/07/18(月) 20:24:08|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

16/07/10 安威 おぼえていますか

 今回も古い地図からスタートです。明治41年測図の茨木(市制は戦後)周辺です。東海道本線は通っていますが名神もR171も阪急もまだありません。

茨木川

 南北に2本川が流れています。東に安威川、西に茨木川ですが、治水などの目的で1941年茨木川と安威川は東海道線の北、西河原で合流一本化されました。茨木のえらいところは、旧茨木川を緑地、遊歩道にしたところですね。立派な桜もたくさんあり、おかげで、旧川筋がすぐにわかるし、木陰の長い散歩道を歩くことができます。

R1380376.jpg

 同時に安威川流域の西河原地区では川が直線化され、西河原という地名を残しながら実は河の東側になった、と。これは話には聞いていましたが、意識して行くのは初めて。

R1380355-001.jpg

 西河原の路地です。いい雰囲気ですね。

R1380347.jpg

 旧川筋の堤防でしょう。これは北を向いて撮っていますので、向かって右側が旧安威川、左手がほんとの「西」河原。

R1380314.jpg

 西河原の古民家のねきにオミナエシ。

R1380333.jpg

 にらまれてしまいました。

R1380367.jpg

 向かって左が安威川、右が新しく開削された茨木川です。茨木川はここで終了となります。旧茨木川に戻って遊歩道を下っていくと、

R1380395.jpg

 かつての橋や樋(水路と考えていいのでしょうか)の碑がたくさんあります。ここにはあの古田織部の屋敷があったそうで、以前すっとびさまに教えていただいたのですが、やっとたどり着くことができました。碑の向かいには川端康成文学館。まだ入ったことがないのですが。

R1380414.jpg

 ここも堤防だったと思われます。左側が旧川筋。とても涼しいです。気持ちよく走れますね。

 さて安威川は摂津市で大正川と合流します。大正川を遡上すると、境川との合流視点に「ガランドポンプ場跡」ってのがあります。

R1379407.jpg

 二つの川が合流するところは大水となるとちょっと心細いですよね。そこでポンプを使って強制的に川に排水する仕掛け。安威川と茨木川、芥川と淀川の合流点にもポンプ場があります。最初この「ガランドポンプ」ってのがわからなくて、検索しても出てこない。やっと摂津市のHPで発見。何か機械の名前かと思ったら、このあたりにあった「伽藍堂」とのことで、なーんやそれは(笑)。




続きを読む

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2016/07/10(日) 21:53:14|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

16/07/03 丘を越えて行っこうよ 真澄の空は 朗らかに 晴れて

 またか、とお思いでしょうがお付き合いください。すいません。幼少のころ住んでいた千里丘陵です。南北に新御堂筋、東西に中国自動車道、右上には万博公園が見えます。南にははっきりした美しい弧を描く線が見えますが、これは海が侵食して作った崖だそうです。

千里丘陵

 千里丘陵といえば、垂水神社のさわらびの滝とか、アサヒビール工場とかはずせないのですが、こたびははずします(笑)。

1947米軍撮影

 ほぼ同じアングルで。1947年米軍撮影の航空写真てなものがネットにあるんですね。これも国土地理院のサイトから見ることができます。本家ではもっと高解像度で見られるのですが、びっしりと棚田でおおわれています。丘陵なのに水が確保できたんですね。それがアサヒビールにつながるのですね。

R1379968.jpg

 ということで吹田市片山町2丁目交差点。ここからの上りが千里丘陵になります。けっこうな坂で、標準和名「片山坂」。国鉄当事、東海道本線とつながっていてこの坂を列車が上っていったという!廃線跡ですね。

 千里丘陵は山あり谷あり今も道が細く曲がりくねっていてしょっちゅう道に迷います。片山坂を上りきっていつもどおり道に迷いつつ・・・、

R1380043.jpg

 ありました。千里丘陵に棚田が残っているんですね。ほかにも田んぼ有り。佐井寺という昔からの集落、このあたり、里山の雰囲気濃厚です。ちょうど稲が育ち始めたころ、手前にははすの花も咲いています。巨匠筒井康隆さんのお宅があったらしいです。

 千里といえばたけのこも特産だったのですが、竹やぶもほとんど見られなくて・・・

R1380254.jpg

 ありました(笑)。豊中市上新田。きれいに整備された竹林でここではたけのこ産業が健在のようです。上新田もかつてからの集落ですが、ぐるりを千里ニュータウンにかこまれたドーナツの穴みたいな凹地なんですね。どれだけ凹んでいるかというと、

R1380144.jpg

 ううう、忘れ物しても取りに戻れません。

R1380124.jpg

 上新田のすてきな旧道です。自転車なので好きなだけ行ったり来たりできます。

R1380268.jpg

 帰路、丘陵を下って亀岡街道。茨木市宇野辺。「旧道」(弓道と同じ発音で)追求しようかしら。

続きを読む

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2016/07/03(日) 18:29:55|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

16/06/27 Smoke on the water (ディープ・パープル)

 興奮しているうちにもうちょっと行っておきます。今回もネタ本があります。京都編です。桂川、宇治川、木津川の三川合流する淀のくだりがありますが、淀については私もかねがねあやしいと思っていたのです(笑)。あやしいというか、桜の名所背割提周辺をちょろちょろしていたときに見つけた話がありまして、2008年4月のブログ記事に載せています。

京都の凸凹を歩く

 三川合流地点はもっと上流でそは淀城なり、と。しからば検索およびフィールドワーク行ってみよう!

R1379803.jpg

 さっそく淀城址からお送りしていますが、これは江戸時代ですね。なんと水上都市ではありませんか。上流である東方面は巨椋池~伏見と続きます。西の端には花畑ってのがいいですね。東京ディズニーシーなんてメじゃありませんよ。

 とはいえ水害の問題もあり、明治に入って付け替え工事が始まります。明治42年測図の地図ではこうなっています。

三線合流明治

 ぜひクリック&拡大してご覧ください。今昔マップという非常にうれしいサイトから古地図をみることができます。もう京阪電車が通っていますね。川筋もほぼ現在と同じです。よく見ていただくと、旧木津川の川筋がはっきりとわかります。川面は今も八幡市の飛び地となっていて興味深いです。宇治川も北のほうに「旧宇治川」、現行のものは「新宇治川」とあります。

 この旧川筋は現在いったい?前の記事でご紹介した地理院地図Globeで見てみると

三線合流高低差

 旧木津川の堤防がくっきりと浮かび上がります。競馬場の北にも旧宇治川の高低差が見えますね。ということで、現地では、

R1379725.jpg

 向かって右の狭い道が旧木津川の土手、左側の低い道が河床となります。

 旧宇治川に架かっていた城と納所を結ぶ淀小橋の場所には碑がありました。

R1379747.jpg

 坂になっているのがわかりますでしょうか。碑の前の道路は今こうなっています。

R1379753.jpg

 低いところは宇治川だったんですね。このあと、旧土手の旧道をちょろちょろししたりしました。狭いけれど風情あります。こういう「旅」には自転車が一番ですね。
続きを読む

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2016/06/27(月) 21:18:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

16/06/08 星降る街角 (敏いとうとハッピー&ブルー)

 さっそく地形ネタなのですが、国土地理院Globeというサイトで標高差と地図を重ねてみることができます。国土地理院なかなかやります。

 ということで、天の川に星田とうらやましいネーミングの交野市ですが、北極星を信仰する妙見山もあるのですね。ところが交野市の妙見山には驚くべき歴史が!
 地図中央やや下の妙見山(標高143,66m)ですが、東から西側に向かって大きくえぐれる形で谷ができています。これがなんと、落下してきた隕石によって出来た窪みであると!

交野妙見山

 というわけでさっそく自転車で行ってきました。枚方大橋を渡って京街道、天の川を遡上します。

R1379497.jpg

 やってきました星田妙見宮。空海の縁なのですね。

R1379572.jpg

 一の鳥居をくぐってほどなく、衝撃の説明書き。

R1379586.jpg

 シンプルすぎるイラストがなおすごい。

R1379588.jpg

 星田妙見宮の概念図はこうです。なるほどえぐられている感じがよくわかります。

R1379593.jpg

 滝(⑦)があるようなので途中をすっとばして行ってみますと、

R1379642.jpg

 イラストの通り隕石ありました!いやいやいや・・・。大きな谷になっているのですが、うっそうとした森になっていて肉眼では良くわかりませんでした。話を元にもどしまして、



続きを読む

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2016/06/18(土) 21:27:59|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

wooはwoodonのwoo

Author:wooはwoodonのwoo
大阪府高槻市に住んでいる中年男。芥川は高槻の鴨川、というのが理想。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる