続・芥川で遊ぶ!

 大阪府高槻市を流れる芥川やその他フィールドでの写真など。

19/08/14 そして神戸

2 Comments
wooは宇宙船のwoo
 今年の敗戦の日は台風のようですので早めに出かけておくことにしました。

P1010560.jpg

 8・15の敗戦の日と言えばもう言わずもがなの「火垂るの墓」ですが、最近新聞記事で見たこともあって巡礼に行ってきました。西宮市のニテコ池は清太と節子がおばさんの家を出て暮らしていた防空壕のあった池です。向こうに甲山が見えますね。

P1010659.jpg

 ニテコ池は夙川のそばにありますが、そのまま夙川を下っていくと御前浜に出ます。御前浜は埋められてないかつてからの浜を残しています。(なお、写真は訪れた時系列で並べてあって、映画の時系列とは一致しません)

P1010619.jpg

 河口から西方向。右上に、映画でも登場した西宮回生病院があります。建物は変わってしまっていますが、大きなヤシの木は往時からのものなのでしょうか。清太と節子の海水浴(あせもの治療?)のシーンがありました。

P1010697.jpg

 西に移動して神戸市東灘区御影。清太、節子はお母さんと暮らしていましたが空襲でお母さんが重傷を負い亡くなってしまいます。お母さんが運び込まれたのが御影小学校らしいですが、これには異説もあるようです。

P1010736.jpg

 御影周辺は焼け野原となります。御影公会堂は中は全焼したものの建物は残って再建されました。映画でも公会堂だけが遠くに焼け残っているシーンがあります。

P1010734.jpg

 阪神淡路大震災にも耐えました。美しい建物です。

P1010701.jpg

 公会堂は石屋川沿いにありますが、川を挟んではす向かいに「火垂るの墓」の石碑。

P1010747.jpg

 さらに西。節子が亡くなってしまったあと、清太も三ノ宮駅の丸い柱にもたれかかって亡くなってしまいます。「浮浪児」と呼ばれる戦災孤児が街にあふれたくさん亡くなりました。児童福祉法の成立は昭和22年。清太は救われませんでした。「この世界の片隅に」のラストでは、すずさんが戦災孤児を自宅に引き取るシーンがありましたね。

 「火垂るの墓」にはとても引っかかるシーンがいくつかあります。
 清太は銀行預金があるのになぜもっと早く引き出さないのか。なぜ節子が亡くなった後、自身が幽霊となった後も無表情で何をしているのか。現代のビル街と二人の霊が交差するラストシーンの意味は?

 これがこの作品を単に「子供が犠牲になった戦争の悲惨さ」「厳しい状況をけなげに生きた兄妹」とは言わせないポイントかと思います。清太は判断ミスをするわけですが、すべては妹のためではなかったのではないか、もしかしたら妹より自分が大事でそうしたのではないか。しかしその結果、妹を喪失してしまい、取り返しのつかないことをしでかしたことに戦慄し、深い絶望の果てに心を失い表情を失う。自らの命も失いその魂は成仏することなく今も煉獄をさまよっている・・・。こう考える方がつじつまが合って、全く救いがなく恐ろしい。
 条件がそろえば人間はたやすく人間性を捨ててしまう。あなたもそうやで、と問われているのです。高畑勲さんも野坂昭如さんも亡くなってしまいました。戦時下を生き延びたとはいえ癒されない傷を負い、魂はずっと煉獄にあったのかもしれない。彼らの絶望の深さに、やすやすと同情したり責めたりするのは慎みたいと思いました。

19/08/10 キハてぬ夢

3 Comments
wooは宇宙船のwoo
P1010448.jpg

 1枚のポスターに心惹かれおりました。念願かなって津山まなびの鉄道館にたどり着きました。なんとこの転車台は現在の運行に使われているとのこと。

P1010348.jpg

 なにせ岡山~津山の列車が「ノスタルジー」ってなもんですからノスタルジーにひたりまくり。

P1010341.jpg

 もう生きる化石、いや運用されている化石でしょう。最後にこのセンヌキが使われたのはいつのことでしょう。

P1010453.jpg

 私の記憶では蒸気機関車よりディーゼルなんです。ディーゼルファンにはたまらない車両たち。急行ではなかったけれど通学でこのカラーリングの車両には乗りました。

P1010444.jpg

 堂々たる国鉄優等列車のサラブレッドですよ。ライトがキャデラックみたいだし、エンブレムがベンツみたいだし無駄に豪華(?)。色合いも1ランク上のカラーリング。

P1010382.jpg

 車両を磨こうのイベント。こどもたちはずぶ濡れ。遊園地のずぶ濡れアトラクションですね。

 岡山~津山~佐用~上郡は全部キハでした。堪能しました。ひたりました。アスペクト比の設定が途中で変わってしまっているのに気がつかなくてちょっと変ですが悪しからず。

19/08/04 静かな湖畔の森の陰から

3 Comments
wooは宇宙船のwoo


 夏はバイクに乗るとヤヴァイ!ので電車の旅に出かけることにしました。中途半端に時間がないので近場から。何度か通過していて気になっていた余呉湖に行ってみます。

P1200991.jpg

 もう出穂していますね。暑いんですよ、暑いんですけど大丈夫なんです。湖と田んぼのせいかと思いますが、心地よいのです。日陰なら全然大丈夫。余呉湖観光館でおいしいものをいただき、面白い話が聞けました。桜の頃がとりわけよさそうです。来春も電車でGO。

19/07/28 高原列車は行くよ

4 Comments
wooは宇宙船のwoo


 香落渓はいたるところ奇岩の連続で唖然茫然としながら川に沿って遡上していきます。写真の小太郎岩はどこどこ?と川面を見ていたら頭の上にあったという(笑)。浸食してできたとはとても思えない。ずももも!と隆起したかのような。

P1200770.jpg

 曽爾高原は十数年ぶりでした。案外早く着きました。雲が多かったのですが、すこしずつ日が差して、日の光が茅の原っぱを渡って行きます。

P1200866.jpg

 昨日の台風で雨も降ったのでしょう。お亀池も水を満々と湛えています。

P1200888.jpg

 日が差さないとしっとり感ありますね。

PANO_20190728_121439.png

 広角28ミリでは全然おさまりません。スマホのパノラマ機能を使いましたが、ずいぶん使いやすくきれいに写るんですね・・・。

19/07/15 祇園祭とその周辺

4 Comments
wooは宇宙船のwoo


 音楽仲間のライブがあるということで、宵々山の京都市街。いつも通り目が覚めると同時に活動を開始するのでどこのお店も開いてない・・・。しかし雨上がりにこの傘は干しているにしては無造作すぎて・・・。

P1190902.jpg

 阪急四条河原町駅下車、ぐるっと遠回りして三条木屋町方面。

P1190912-2.jpg


 花見小路から修学旅行コースへ。

P1190940.jpg

 丸窓つながりで。人が少なくて立ち止まり放題。

P1190947.jpg

P1190962.jpg

P1190973.jpg

P1200007.jpg

 濡れた石の色っぽさといったら・・・。

P1200019.jpg

 あまり手入れが行き届いてるとは言いがたい高台寺公園。この階段のへうげっぷりはどうしたこと。

P1200037.jpg

 東山の縁を北上して行きます。

P1200087.jpg

 山鉾巡行はおそろしくてよう近づきません。こうした夏祭りの雰囲気だけで私には十分。

P1200129.jpg

 古川町商店街。ちょっと心配でしたが、久しぶりに行ってみると、なんと素敵なこと。

P1200169.jpg

 くどいようですがもう1枚。ああ今日は来てよかったですね。おっと目的を見失うところでした。ライブ開始12時の10分前に会場到着しました。

19/07/07 小ぬか雨降る御堂筋

2 Comments
wooは宇宙船のwoo


 いやいや御堂筋ではないのですけれど。
 愛車が不調で修理に出していたのですが、やっとなおって久しぶりにあちこち走ってきました。午前中は山間部で小ぬか雨に降られてしまいましたが、すぐやんですぐ乾きました(笑)。以前のジェベルよりお尻が痛くなりません。シート幅が広いのとやや前傾姿勢なので体重が腕に分散されるためか、と思います。午後は暑くてうだりました・・・。

19/06/22 アユよ来い 早く来い

2 Comments
wooは宇宙船のwoo


 いや実はもうアユの遡上が確認されています。この日もアユの群れが確認できました。

 昨日ですがあくあぴあのイベントに参加してきました。写真は、芥川の落差工と魚道がわかるように写してみたものです。落差工をアユたちは上ることができないので工夫された魚道が設置されたのが昨年。この上流でアユが確認されましたが遡上アユとのことで、魚道が機能しているということですね。
 一昨日のにわか雨でやや水量も戻り、流木や藻を取り除いてますますアユたちが遡上することでしょう!と自画自賛。

19/06/17 私の城下町

4 Comments
wooは宇宙船のwoo


 むむ、高低差とか古地図とかありますね。これはなんと高槻市の市報なんですね。おかしいやろ!とツッコミながら楽しく読みました。ふだん市報なんてろくに読まないのですが。市役所にも相当数寄者がおられるようですねー。

高槻城

 高槻城の古地図とGoogle mapを重ねてみました。黄色い線が道、黒い線が城郭と堀のようです。いつくつかの道は現在と重なります。現在の町名も城内町、城西町、城東町、出丸町など城にちなんでます。

P1190290.jpg

 ポイントの一つは北東角のギザギザM字道です。付近は城郭をあらわす道はアスファルトの色を変えてあって、長らくその意味が分からなかったのですが、このたびやっと理解しました。

P1190231.jpg

 これも市報に写真がありました。この段差は東側の外堀の跡とのことで古地図とも合致します。

P1190258.jpg

 「右 あくた川 かさのも里(笠森稲荷) 能せ 妙見
  左 そうぢ寺 とん田 いばら木」とあります。城のぐるりには高槻街道、枚方街道等あり、道標もなかなか趣深いです。ローカルな街道巡りもしてみたいですね。

P1190307.jpg

 季節の花も今日は違って見えますよ。町家もまだけっこう残っていますね。地元をもっと見つめなおさないといけません。これからは市報もじっくり読ませていただくことにします。

19/06/08 天下分け目の花しょうぶ

4 Comments
wooは宇宙船のwoo


 万博公園に行ってきました。日本庭園に「花しょうぶ田」があるとのことです。日本庭園のそのスペースに行ったのは初めてでした。

P1180933.jpg

 ありがたいことに薄曇りで暑くもなく寒くもなく昨日の雨で花も心なしかしっとりと・・・

P1180937.jpg

 花のピークは過ぎようとしているような状況でした。間に合ってよかったです。

P1180822.jpg

 花しょうぶをまともに撮ってみたのはほぼ初めてで、どのようにとらえるべきかまた今後の課題ということで、今後の課題ばかりですなー。

19/05/29 ことたきにきたとこ

4 Comments
wooは宇宙船のwoo


 これがあの琴滝なのだろうか。雨後の水量はとても多くして荒々しくあり。

P1180564.jpg

 朝早めに着いたので光が差さなかったが、徐々に陽が高くなって新緑を照らす。

P1180640.jpg

 飛沫感を写したいがシャッタースピードが難しいなあ。縦写真3連続失礼いたしました。