続・芥川で遊ぶ!

 大阪府高槻市を流れる芥川やその他フィールドでの写真など。

17/11/19 虹の向こうは晴れなのかしら

P1830981.jpg

 桜も紅葉するのですがちゃんと向き合ったことなかったなあ。むむむお主もなかなかやりますのお。

P1830998.jpg

 同じような1枚。雨上がりの八軒屋浜。

P1840008.jpg

 来年の花芽がしっかりついている。春にもまたお手合わせお願いつかまつります。

P1840417.jpg

 今日は晴れた、と思ったら冬の空ですね。茨木市大門寺周辺は3℃でした。

P1840446.jpg

 今年の紅葉はやはり難しそうです。

P1840456.jpg

 紅葉途上の葉もよくよく見れば錦のようであり。前ボケやりすぎ

P1840488.jpg

 来週もう1回行ってみたいですね。

テーマ:紅葉の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/11/19(日) 19:35:58|
  2. 紅葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

17/11/11 静かな古刹の森の陰から

P1830870.jpg

 今年はいちばんに行かせてもらいました。京都西山金蔵寺。長雨と台風で今年の紅葉は難しそうな印象。それにしても使い込まれた床板がスゴイ。

P1830915.jpg

 近くの善峯寺や光明寺はすごい数の警備員。ここは静かでした。アサイチほぼ独占。

P1830792.jpg

 昨夜雨が降りました。落葉もたくさん。ああもったいない。

テーマ:紅葉の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/11/11(土) 17:17:34|
  2. 紅葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

17/11/04 幻の川を慕いて

 懸案であった川跡めぐりに行ってみたいと思います。先日ご紹介した『大阪「高低差」地形散歩 広域編』にありましたその名も「スーパー地形」なるアプリを使います。これは少しの高低差をはっきりした色の差で教えてくれるスグレモノで、調査(?)がいっきに進みます。

神埼川

 現在の神埼川は地図右手の淀川から西に流れ、北からの安威川に注ぎます。いかにも線引きましたみたいな流路ですが、これは1878年(明治11年)に付け替えられたもので、それ以前は図の水色のように淀川から北へ流れて安威川と合流していました。「スーパー地形」で見ると、かつての流路と堤防が見えてきますねー。付け替えの理由は洪水対策とのことです。
 しかしこの流路も785年に和気清麻呂によって開削されたものであると。和気清麻呂は茶臼山南側を上町台地を貫く水路を開削しようとした方ですね。土木の人。それまでは安威川水系と淀川水系は別のものだったが、以後、長岡京、平安京と吹田あたりは川で結ばれ、地域はおおいに栄えたとのことです。

1-R1516963.jpg

 さっそく付近をうろうろしてみます。この高低差は旧神埼川右岸の堤防と思われます。この高低差はしばらく続きます。

1-R1516951.jpg

 もう少し北になります。低いところは神崎川だったんですね。

1-R1516967.jpg

 摂津市味府神社。神社の中から外を見ていますが、鳥居の外の参道は旧の堤防と重なります。古い大きなお家とカーブがすてきです。

1-R1516974.jpg

 かつて神埼川との合流地点であったその名も浜町。浜があって、多くの船が行き来していたのでしょう。ちなみに流れは安威川ではなく高槻から続く番田水路です。

1-R1516983.jpg

 旧神埼川左岸の高低差。大阪経済大学グランドと道路の落差は2メートルくらいあります。ちょっとわかりにくいですね。グランドのところは川があったのでしょう。

1-R1516987.jpg

 右手の道路が旧堤防、左手の低い道は川の外側になります。

1-R1517007.jpg

 南下して淀川との合流点、江口の君堂。かつての堤防から一段下がったところにあります。遊女が菩薩様に変身したというお話で、聖と俗の交差する当時のとても興味深いお話です。

IMG_0147.jpg

 せっかくなので、淀川対岸の守口駅周辺にも久しぶりに行ってみました。京街道に重なる、秀吉の文禄堤の高低差がよくわかります。「スーパー地形」のスゴイところは「今昔マップ」とも重ねることができるところです。秀吉はなんでこんなところに堤防作ったんだろうと思っていましたが、スグソコまで淀川の流れが来ていたのですね。京阪守口駅なんかとてもあやういところを通っていたようです。

1-R1517027.jpg

 京街道の宿場町守口。この写真屋さんまだお元気に開業中のようです。

1-R1517039.jpg

 文禄堤をぶち抜いて駅前通り。堤防の断面が見られるレアな場所。上を走るは橋ではなく堤防上の京街道です。何かのイベントでしょうか。たくさんの方が歩いておられました。

 守口の旧流路跡については文禄堤以外はよくわかりませんでした。緩やかな高低差はありますがかなり均してしまったのかもしれません。また長くなってしまいましたですね。おつきあいいただきありがとうございました。


  1. 2017/11/04(土) 18:10:49|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

17/10/30 真夜中のギター

 ハイ、新しいおともだちです。みんな仲良くしてあげてくださいね。

1-G.jpg

 例のごとく怪しげなジャンク品をだいぶ前に導入、塗装をはがして塗りなおし、パーツ類も点検、必要なものは買い換えました。雨ばかりなので自宅(オタク?)作業に専念できました。ほぼ完成です。細かい調整をしています。

1-IMG_3806.jpg

 今回はアメリカ西部の質屋に40年くらい眠っていたかのような(?)オールド感を出したかったのでメイプルの材にクリア塗装では新品ぽくてつまらない。そこでいろいろ調べたりしてたどり着いたのがこの「カシュー」なる塗料。もともとカシューナッツから抽出されたものらしいです。カシューの特徴は、クリアといっても飴色を醸すところです。日焼けしたような甘い色に仕上がります。ただし油性なので、取り扱いや筆の管理などは難しかったですね。

1-R1516908.jpg
1-R1516920.jpg

 とはいってもそれはネックのみ。ボディはとの粉とアクリル絵の具を木地に刷り込むという水性ステイン。つや消しラッカーであえてマットに仕上げました。なかなかノイズもなくいい音で鳴ってくれます。お披露目の機会は果たして来るのか?なのですが(笑)。

  1. 2017/10/30(月) 21:20:18|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

17/10/16 雨に濡れながら

 ずっと雨でした。そして今も雨です・・・。



 恒例の黒豆えだまめを仕入れに篠山に行ってきました。もう来週くらいで枝豆は終わってしまうそうで、行けてよかったです。雨の河原町妻入商家群はたいそうすてきなたたずまいでした。写真のほうがちょっとなあ。

P1830623.jpg

 雨のたたずまい感って難しいです。



 ちょうど秋祭りの日で雨の中みなさんがんばっておられました。なかなか雅なもので、山車の上ではお稚児さんたちが笛や鉦、太鼓を鳴らしておられます。祇園祭の山鉾巡行、岸和田のだんじりとも異なる回転方法で興味深かったですね。

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2017/10/16(月) 19:35:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

17/10/09 Thorn Tree in the Garden (Derek and the Dominos)

 久しぶりに能勢方面。まだ稲刈り終わってないんですね。高槻あたりも今からというところです。



 大樹を大樹らしく撮るのは難しい。まだまだわからない。野間の大ケヤキ。色づき始めている。

P1830514.jpg

 逆光で。もっと光をあふれさせたほうがよかったか。アオバズクはもうどこか行っちゃったのかなあ。

テーマ:季節の風景 - ジャンル:写真

  1. 2017/10/09(月) 17:28:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

17/09/30 たまらん坂

 9月も終わりですし、9月の記録をUPしておこうと思います。



 ここは愛媛県内子町、「内子の町並み」です。最近こんなところばかり行ってるような気もしますが、やはり心踊るものがありました。坂道が特徴的でこれも味わい深いものがあります。

P1830468.jpg

 蝋産業で栄えた街だそうで、資料館として中を見学させてもらえます。なまこ壁ですが亀甲模様ですよ。凝ってますねー。亀や波の彫刻もすばらしく豪華絢爛です。

P1830491.jpg

 現役の床屋さんです。床屋談義とかするんでしょうね、やはり。クリーム色の漆喰のお家が多く、やわらかい印象の街でした。有名な内子座はチラ見程度で、次回腰をすえて訪問したいと思います。

P1830364.jpg

 実は両親を連れてのドライブだったのですが、内子の前に八幡浜港へ。何十年ぶりでしょう。もう全然思い出せません。道の駅ができたり、さびれてなんかいませんね。みかんの段々畑の壮観なこと!

P1830359.jpg

 みかんもいろいろで、全部味見させていただきたいところなのですが。選べと言われても絶対無理です・・・。

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/09/30(土) 18:34:55|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

17/09/22 汽車を待つ君の横で僕は



 予讃線下灘駅その2です。
 各駅停車しかやってこない駅です。乗ってきた下り1両編成ディーゼル車を見送って次の下りおよび上りが来るまで1時間以上あります。まあ贅沢な時間と申しましょうか、ゆっくりカメラを出したり構えたりしてみますが景色はほとんど動きません。すると、向こうのほうからバイオリンの音が聞こえてくるではありませんか。バイオリンを奏でながら入線してきたのは観光列車「伊予灘ものがたり」。音楽を聞かせながらやってくると言えばロバのパン屋さん以来ですかね。

P1830066.jpg

 時刻表にないこの列車は「通過扱い」ということで、この駅で乗り降りする旅客はありません。しかし列車は10分ほど停車して乗客およびアテンダントの方たちはどんどんホームに下りてきて写真を撮ったりし始めます。もともとホームに居た私のような者どもと乗客とがホームにあふれて一瞬の邂逅とでもいうべき混沌となります。

P1830003.jpg

 乗客およびアテンダントの方たちはふたたびバイオリンの音とともに下灘駅を出発して行きました。私たち(もう「私たち」という気持ちになっている)はお互いに手を振り合ったりして、別れを惜しみます。さて、またしばらく下灘駅は静かな時を刻み始めます。そうそう、コーヒーを注文していたのでした。土休日のみオープンの下灘珈琲は駅舎の向かいです。

P1820933.jpg

 下灘珈琲と旧道をはさんで下灘駅。なかなか立派な駅舎です。駐車スペースもあります。車、バイク、自転車、実にさまざまな方々がやってきます。盛岡ナンバーって岩手県ですか!?

IMG_0340.jpg

 下灘珈琲のとなりのスペースには赤でもない、白でもない「中間色」のヒガンバナ。

P1830288.jpg

 少し陽が傾いてきました。なかなかええ感じになってきましたやん。雲がなさすぎて夕やけにはならないだろうが・・・海に映る夕日はきれいやろなあ、しかし暑いなあ、次の上り列車見送ったらまた2時間か・・・、いろいろ考えて、課題を残したまま帰ることにしました。わざと未練を残して必ずまた来るという決意をするためです。そうなのです。負け惜しみではないのです。

 というわけで下灘再見!

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/09/22(金) 20:26:58|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

17/09/20 空海の風景

 司馬遼太郎さんに怒られますね(笑)。

 予讃線下灘駅。スゴイ人気。こんな無人駅が他にあるのだろうか。列車がくるのは2時間後だというのに。

P1830158 2


 人物が写りこむのが前提。いちばん楽しそうにしているのをチョイス。昨日の台風で海は濁っているのですが。空は文句なし。

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/09/20(水) 18:53:53|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

17/09/17 Shall we 段差?

 台風なんですね。風も強くなってきました。やはり早く稲刈りしておかないといけないですね。



 高槻のほうは稲刈りはまだまだこれからです。被害がないといいのですが。

CCI_000003-001.jpg

 ところで、『凹凸を楽しむ 大阪「高低差」地形散歩 広域編』が出ました。第2弾ですね。以前ご紹介しました、ですね。

 今回は、広域編ですので、大阪の周辺部、富田も高槻も項目割いておられます。はいはい、そこ知ってます。面白いですよねー。京都線沿線、京阪沿線もたっぷりで楽しめます。ワタクシ現在、旧神埼川探索中です。またお知らせできるようにしたいと思います。

  1. 2017/09/17(日) 09:54:33|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

wooはwoodonのwoo

Author:wooはwoodonのwoo
大阪府高槻市に住んでいる中年男。芥川は高槻の鴨川、というのが理想。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる