続・芥川で遊ぶ!

 大阪府高槻市を流れる芥川やその他フィールドでの写真など。

17/06/18 Take Five

 アジサイを求めてさまよったのだけれどうまくいかず。ううう。

P1790679.jpg

 気を取り直して、久しぶりに洛西竹林公園へ(脈絡はほぼなし)。

P1790798.jpg

 黄金の肌に緑の筋「金明孟宗」。見てよし食べてよし使ってよし。竹にはずいぶんお世話になってます。

P1790858.jpg

 たくさんの品種があってありすぎ。笹もたくさん植えてあって、一つだけ覚えて帰った。「チマキザサ」。

P1790900.jpg

 公園のまわりはたけのこ用の竹林が広がっている。きちんとお手入れされた竹林はほんとうに美しい。竹の秋が終わって一番竹の葉の美しい季節。来てよかったですね。

テーマ:季節の風景 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/18(日) 17:55:58|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

17/06/11 エリー マイ ラヴ 疎水

 山科駅から琵琶湖疏水をたどってみました。



 JRや京阪がそばを通っているのですが、静かなところです。人も少なく緑も深くとても落ち着いた気持ちになります。

P1790510.jpg

 この第一疎水第3トンネルの向こうはインクラインになります。いやー船も通っていたんですよね。閉所恐怖の方には難しそう。

P1790445.jpg

 山科区ではずいぶん高いところを流れているのがわかります。この落差がインクラインであり南禅寺水路閣であり、発電もしたわけですね。

 アジサイがないかなと思っていたのですが残念ながら。大きな桜の樹ともみじの樹がたくさんありました。次の春と秋はぜひ行ってみたいです。京阪電車作成のマップが詳しいですね。行く前に読んでおくんだった・・・。

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/11(日) 18:02:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

17/06/04 窯 together

 タイトル苦しいです(笑)。

 20年以上も職場に昼食を届けてくれていた料理屋さんが店をたたんでしまわれました。職場は大パニックです。毎日コンビニ弁当はつらいし自分で作るのは続かないのが明らかです。とりあえず職場に眠ってる炊飯器があったので、ご飯だけは炊くことにしました。ご飯を食べるにはふさわしいお茶碗というものが必要です。というわけでお茶碗を買いに信楽へ行ってきました。



 リハビリ兼ねてちょっと坂道をうろうろします。うんうんいい調子。この Ogama カフェではこの大窯を眺めながらおいしくコーヒーをいただくことができます。Ogawa コーヒーは高槻にもあるけれど、Ogama コーヒーはここでしか味わえません。

P1790256.jpg

 コーヒーだけでなく、お店そのものも素敵なのです。

P1790210.jpg

 産業遺産的に保存された登り窯もありますが、ほぼ放置で土に還らんとする窯もあります。以前も申し上げたかもしれませんが、王蟲の骸のようです。

P1790317.jpg

 肝心のお茶碗は信楽駅口交差点そばのいつものお店で買いました。このお店好きなのです。入りやすくて薄暗くて所狭しと陶器が並べてあってお宝が眠ってる感がものすごいのです。ああ楽しい。

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/04(日) 19:42:44|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

17/05/21 バラ・バラ ( レインボウズ)

 一度このタイトルでやってみたかった(笑)。
https://youtu.be/_7gpzhYWaYM



 大阪市西区のうつぼ公園に行ってきました。公園は無料で入り放題なので朝行けば人も少なく。

P1780834.jpg

 大輪のバラも美しく咲いているのですが、やっぱりガラじゃないと申しますか、気後れしてしまいます。レンゲ色のノイバラのような品種に心惹かれました。

P1780986.jpg

 校舎のようなレトロなオフィスビルに隣接しています。せっかくなのでレトロ調に仕上げてみました。

  1. 2017/05/21(日) 20:46:57|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

17/05/14 水辺をめぐる冒険

 今年の田植えも鋭意進行中の能勢は長谷です。


 
 田植え直前の澄んだプールにおじゃましました。カエルの声がにぎやかですが姿は見えません。ダイサギ君が哨戒中ですし。

P1780622.jpg

 昨日の雨で水量を期待して、久しぶりに行ってみました、琴滝。水量はともかく、やはり美しい滝だなあ。ちょうどお昼ごろで光が差してくれたのだけれど、ちょい白トビ。残念。

  1. 2017/05/14(日) 19:06:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

17/05/05 思い出のGreen Green Grass of Home

 毎年の和束町推奨の名勝なのですが、今日は特ににぎやかでした。見れば茶摘の真最中です。



 茶摘の終わった畝は緑色が濃くなっています。黒いカバー(寒冷紗)にも種類があるようですし、下のほうでは茶の木が更新されているようです。GWですので家族総出でされているところもありました。私もお手伝い・・・じゃまになるだけですね。

P1780194.jpg

P1780166.jpg

P1780156.jpg

P1780244.jpg

 新緑のしっとり感は光が当たりすぎると出せません。日陰がよかった。涼しいし。

テーマ:季節の風景 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/05(金) 19:46:13|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

17/05/02 残像 桜

P1770025.jpg
 そうか、船宿か。寺田屋だ。4月12日大阪市北区(立っているところは都島区)

P1770363.jpg
 桂川を背に。4月16日京都市京北

P1770684.jpg
 ここの「黒田百年」は桜餅の匂ひぞ出。ホントです。4月23日京都市京北下黒田

P1770428.jpg
 4月23日南丹市美山

P1770483.jpg
 4月23日南丹市美山

追記

P1770834.jpg
 4月30日南丹市八木町紅葉峠
 
P1770766.jpg
 南丹市広すぎ。4月30日南丹市八木町富栄池

テーマ:季節の風景 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/02(火) 12:06:30|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

17/04/30 さくらの舞い散る停車場は

 先週に引き続き来てしまいました。京都市左京区広河原(ここが京都市であることが未だに理解できません)。気になって仕方がなかった。今度こそ今年のシメ。



 先週つぼみだったヤマザクラ(の種類と思います)は満開。広報の看板など入れて人里らしさを出してみる。

P1770871.jpg

 かわいいスキー場のある広河原。バスの「終着駅」。このバスは一日4本しかないが、到着してすぐ折り返すのではなく1時間くらい停車している。散策にちょうどよい時間だけバスが待っていてくれる。

P1770955.jpg

 このバス停の先は山道、峠道の桜も満開。先週の雪も少しだけ残っていた。もう5月だっちゅうに。

 今月はよく桜を見ましたね。ちょっとがんばれましたかね。


テーマ:季節の風景 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/30(日) 18:16:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

17/04/23 なごり雪

 バイクのバッテリー充電がてら、久しぶりに京都北山を徘徊してきました。



 由良川上流。山桜がきれいでした。

P1770610.jpg

 佐々里峠ではなんと雪が残っていました。下って広河原の桜はまだつぼみ!今年の花見は終了したつもりだったのですが、また見たくなってきましたね。来週あたり見ごろかなあ・・・。

テーマ:季節の風景 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/23(日) 20:21:39|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

17/04/16 霞か雲か 見わたすかぎり

 歌詞ちょっといじってるんですが。というわけで亀岡は七谷川です。深い霧(霞)でした。

 平安時代以降、春のものを霞、秋のものを霧と言ったらしいです。現在の定義とも違いますね。

P1770138.jpg

 「春霞」というのは意味が重複していることになりますね。

P1770166.jpg

 「匂いぞ 出る」ですがソメイヨシノは匂いませんね(笑)。

P1770270 2

 まるで雪。まさに天の采配。

P1770273 2

 ちょっとようすを見にくらいのつもりでしたが、来てよかったですね。

テーマ:季節の風景 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/16(日) 17:21:02|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4
次のページ

プロフィール

wooはwoodonのwoo

Author:wooはwoodonのwoo
大阪府高槻市に住んでいる中年男。芥川は高槻の鴨川、というのが理想。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる