続・芥川で遊ぶ!

 大阪府高槻市を流れる芥川やその他フィールドでの写真など。

17/01/22 われら濡れそぼつて鳥とたわむる

 ユリカモメの幼鳥はくちばしと足が黄色いそうで、成長すると赤くなると。なるほど色が違います。こういうことは教えてもらわないと気がつかない。



 今日は鳥の先生をお招きして芥川でプチ探鳥会。さすが、現地で現物を観察しながら深いことをたくさん教えてもらいます。

P1730212.jpg

 高槻駅から芥川。いきなり飛んでゆくカワセミを発見。ラッキーと思ったら今日はカワセミデー。やたらカワセミを見る。みんな大喜び。芥川ではカワセミが大繁殖!なことはないと思うが、しばらくじっと留まってくれてるのもいて大サービス。ペリット吐き出しましたね。珍しいものを撮ることができました。

IMG_20170122_110723.jpg

 それにしても小雨が降り続けるかと思ったらアラレ、ばらばらと傘にあたる音。帰路は雷まで。遭難しなくてよかった。みなさんお疲れさまでした。先生どうもありがとう。

  1. 2017/01/22(日) 19:22:09|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

17/01/15 バッド 寒波ニー

 北のほうから冬将軍の軍団が押し寄せてきます。もう寒いっちゅうねん!



 津之江公園から北方向。ポンポン山どころか、高槻駅前のタワービルすら見えない。

P1730054.jpg

 西方向。青の鮮やかさがが対照的。

P1730060-1.jpg


 東方向。太陽も分厚く覆われてしまう。また猛烈にふぶき始めました。

 雪景色でも撮れたらと思っていましたがうまくいかんかった。すごすごと引き上げです。


  1. 2017/01/15(日) 17:19:15|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

17/01/01 太陽に迷路



 明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。というわけで、初日の出撮って出しです。マフラーを巻いた雪だるまのようで微笑ましく覚えましたゆえ。

P1720619.jpg

 観覧車とのコラボが捨てがたくあり、どちらか1枚に決められませんでした。今年も迷いの多い年になりそう、というオチで。

  1. 2017/01/01(日) 08:35:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

16/12/28 「この世界の片隅に」覚え書

 もはや何のブログかわからなくなってきているのですが、せっかくなので少し「感想」などメモしておきます。

 「この世界の片隅に」ですが、テアトル梅田は満員立ち見。ほお今時。AEON茨木はゆっくり座れましたけど朝1回のみの上映。広島県呉市と広島市の物語。今年はあのカープが優勝、尾道にも行けたし、ワタクシ的にも広島イヤーであった。

 絵が美しい。美しく描いてるなではなくて、世界はこんなに美しかったんやと気付かされる。軍艦ですら美しい。戦火のない軍港は毎日がカーニバルのよう。ひとも美しい。いくつかの矛盾はありながらもつつましく生きている。しかしその世界が長続きしないことは皆が知っている。だからいつどうやってこの世界が壊されてしまうのか、ドキドキする。映画を見ながらこんなにドキドキするのは初めてと思う。

 重傷を負っても原爆が落ちても絶望しても、主人公すずさんは正気を失わない、のはとても痛ましい。淡々と風景とひとが描かれていく。しかし敗戦の玉音放送を聴いてすずさんはキレた。大粒の涙がこぼれカメラは地面からその顔を俯瞰する。すずさんはぼんやりしているのではなくて我慢してきたんだ・・・。

 残酷にもまた明日がやってくる。そんな中でも小さい希望があり、笑いがある。すずさんたちのすぐ続きに私たちが生きている。すずさんが安寧な気持ちで生きられる世の中に、今なっているだろうか。思いきり問われてしまいましたね。

IMG_20161228_131233 (1)

 体と気持ちと全身に刻まれてしまいました。とはいえ忘れていったり理解が及ばなかったりもあるので、復習した上でもう一度見に行きたいですね。それはキツイで、ドMやでという意見もあります(笑)。
  1. 2016/12/29(木) 17:02:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

16/12/18 茶臼山に日は落ちて

 今年の大河ドラマも最終回なんですね。年末を感じる今日この頃ですが何の年末らしいこともしていないのは言うまでもありません。 というわけで天王寺区茶臼山に行ってきました。茶臼山は古墳だと思っていましたが古戦場と紹介されていましたね。大河ドラマの影響でしょうか。



 上町台地西側の海進による直線がすごいです。標高26m、南側の池は8世紀の土木工事の遺構らしいです。

IMG_20161218_112252.jpg

 天王寺駅から大阪市立美術館へ。西側はこの高低差があります。ここは海岸線だったところですね。

IMG_20161218_112517.jpg

 古墳とはいえ、天皇陵ではなく、宮内庁はノータッチなので行けます。右の和気橋を渡ります。

IMG_20161218_114315.jpg

 大阪冬の陣では家康の本陣があり、夏の陣では真田幸村の本陣があったとのことで、ああせやったんや。すごいところじゃないですか。

IMG_20161218_113321.jpg

 夏の陣の布陣図ですね。やや脱力キャラなのが楽しい。JR環状線をはさんで対峙してますがさぞ電車の運行に支障をきたしたことでしょう。

IMG_20161218_113816.jpg

 登頂です。山頂はすごい人出です。何かのイベントのようです(今日はイベントなのかもしれないですね)。

IMG_20161218_113902.jpg

 熱心に案内板を読んでおられます。標高26mとはいえ山をあなどってはいけない。装備はきっちり整えておくべきなのです。

IMG_20161218_121023.jpg

 茶臼山の北、一心寺から道路をはさんで安居天神。真田殿、奮闘されましたが撤退してここで最期をを迎えられたと。いくさの結果は一時のこと。400年以上にわたって人々は真田殿を敬愛してやみませぬ。安らかにお休みくださいませ、と申し上げ候。

  1. 2016/12/18(日) 20:00:03|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

16/12/12 忍者鉄道999

 にわかに鉄ちゃんと化しているワタクシですが、もうひとつ気になっていたところに行ってみました。



 ハイ、伊賀鉄道です。しかもこの印象的な眼は、そう、松本零士センセイですね。この視線に射抜かれてしまいました、というかもともとファンでありました。伊賀なので忍者列車ということです(電車にピントが合っていません!)。

P1700040.jpg

 これは青バージョンです。もうひとつ緑バージョンもあって忍者列車は3種の編成があります。走っていなくても上野市駅にけっこう止まっています。伊賀上野の城下町は高台の上にありますので、忍者電車こう見えても力強く坂を登っていくんですよ。

IMG_20161113_092423.jpg

 上野市駅前には鉄郎とメーテルのブロンズ像があります。松本零士センセイと上野市のゆかりはというと・・・ちょっと微妙ではありましたが。

CCI_000009.jpg

 これはJTB時刻表の通巻第999号です。ワタクシの大事なコレクションです(笑)。銀河鉄道999は十代のころよく読みました。この物語は若者の可能性という至高の宝物を讃える物語ですね。歳をとるとますますよくわかってきました。歳をとった自分はもう可能性もなくつまらないものかというとけっこう楽しく、自分も若者ももっと応援したいです。

IMG_20161211_093259.jpg

 ところで、この日も立ち寄ったJR加茂駅はよく休憩したりして馴染み深いのですが、かつて、加茂から奈良までその名も大仏鉄道なる鉄道があったとのことで、遺構などもたくさんあるそうです。これは加茂駅南にぽつんとあるC57「貴婦人」です。美しく保存してあります。これが大仏鉄道を走ったのではなさそうですが、見目麗しい鉄道車両をたくさん見ることができましたね。また近いうちに大仏鉄道763追いかけてみたいです。

  1. 2016/12/12(月) 20:47:30|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

16/12/05 大津 darling

 紅葉の季節はあっという間に過ぎてしまったようです。以前はもっとたくさん「狩れた」のになあ。活動量の低下ですね、おそらく。

 ということで気になっていたところに行きます。



 もともと水平が出せないカラダなのですがこれは駅が傾いているのです。しかし水平垂直がわからないと傾いていることもわからないわけで、何を基準にすればよいか迷いました。柱はおそらく垂直ですよね。ベンチの足は明らかに長さが違います。背景のパネルや扉などは平行四辺形なのでしょうか。京津線大谷駅。

P1720265.jpg

 京津線は一度きちんと乗ってみたかったのです。山科と浜大津間の勾配は全国レベルらしいです。JRがトンネルをすいすいと通っている間、がんばって坂を上っています。

P1720276.jpg

 この峠を国道1号線も名神高速も京津線も通るわけですが、ここは東海道でもあり、枚方から大阪への京街道の一部でもあり、ちょうど大谷駅から峠までの間、旧道を歩くことができます。旧街道の雰囲気たっぷりでした。ここにうなぎの老舗があって、滋賀県名物飛び出し坊やもここではうなぎなのです。

P1720312.jpg

 不勉強なのですが、歌も詠み琵琶も奏でる、音曲芸道祖神と讃えられる蝉丸ゆかりの神社が街道沿いに3つもあります。私もあやかるべくお参りしておきます。

P1720338.jpg

 大津市街に下りてきて、鉄道専用軌道から併用軌道へ。このにゅっと出てくる感じがたまらない。

P1720377.jpg

 そのまま大津港へ。日差し十分で気持ちのいい朝でした。

P1720430.jpg

 石山寺坂本線はラッピング電車がたくさんで華やかです。アニメ2種のラッピング車がちょうど浜大津駅に止まりました。「ちはやふる」「響けユーフォニアム」とのことですが、両方とも京阪沿線が登場するそうです。いや、よく知らないんですけどね。「ちはやふる」は百人一首のお話らしく、先の蝉丸と歌つながりですね。いやよく知らないんですけれど。

P1720445.jpg

 さて、また京都に戻って祇園。わが師のグループの写真展があったのです。おおいに刺激を受けて帰りました。ところで、京阪三条駅は京阪沿線ではないのですね。今日一番の驚きだったかもしれません(笑)。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/12/05(月) 21:22:14|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

16/11/30 樹々の奇妙な冒険

 今年の京都御苑は赤の控えめな秋のようでした。

P1720098.jpg

 紅葉的には穴場なのでしょうか。人は多くないですね。

P1710983.jpg

 京都御所が公園になって100年以上。いつもながら立派な樹とお手入れには感動すら覚えます。ということで樹を撮ってみました。

続きを読む

テーマ:季節の風景 - ジャンル:写真

  1. 2016/11/30(水) 18:32:28|
  2. 紅葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

16/11/21 錦の独楽

 1枚の印象的なお写真に導かれてやってきましたは兵庫県篠山市大國寺。観光バスがやってくるほどの名刹でした。



 とにかく今年は石積。石積と紅葉。大きなイチョウの樹はすでに落葉を終えていました。先日までは黄色いじゅうたんだったのでしょう。

P1710624.jpg

 せっかくのお転寝のところ、おじゃましてしまいましたね。

P1710581.jpg

 石のぬれている感じがお気に入り。

P1710600.jpg

 「ぬれている」のがこれほど乙なものとは。乾いていたら傷んでるなあとしか思わなかったのでは?

P1710592.jpg

 山茶花一輪。標準装備のPLフィルターも今日はなし。反射しまくり。

P1710665 0

 雨は降っていませんでした。曇りかと思ったら北摂から向こう一帯薄い霧でした。保湿されて美しい落葉を見ることができました。まだ落葉にはちょっと早いんですけど、紅葉見物に雨上がりははずせません!と再確認しました。

テーマ:季節の風景 - ジャンル:写真

  1. 2016/11/21(月) 19:10:44|
  2. 紅葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

16/11/17 Over the rainbow

 茨木市大門寺です。近くにこういうところがあるというのは本当にうれしいなあ。数日もするとまた色を変えて違った美しさを見せてくれるのでしょう。また行かなくては。



 以前にも申し上げましたが、赤ければいいってモンではないと思うのです。色んな色が織りなすさまが美しい。人の世もかくや。

テーマ:季節の風景 - ジャンル:写真

  1. 2016/11/17(木) 21:47:03|
  2. 紅葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

wooはwoodonのwoo

Author:wooはwoodonのwoo
大阪府高槻市に住んでいる中年男。芥川は高槻の鴨川、というのが理想。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる