続・芥川で遊ぶ!

 大阪府高槻市を流れる芥川やその他フィールドでの写真など。

17/08/05 醸on 醸on 醸on Please please me Oh!yeah (the Beatles)

 和歌山県湯浅です。この町も関宿と同じく「重要伝統的建造物群保存地区」があります。



 湯浅といえば醤油が有名です。写真は現在も醤油生産と販売をされているお店です。干潮で水がありませんが川と海につながる「堀」で、商品などを船に乗せるための入り江になっています。

P1810410.jpg

 醤油のほかに味噌や酒も作ってきた町です。ということは、発酵のための「麹」専門店もあるわけです。これはもしや、

P1810414.jpg

 そう!あの 「もやしもん」の世界ですね。ほんまに「もやし」って書いてある。主人公の実家は「もやし屋」でした。ちょっと感動。

P1810551.jpg

 かつての醤油工場そのまま資料館みたいなところには麹室。こんな場面も「もやしもん」にあったなあ。

P1810568.jpg

 この町には電線と電柱があります。それが玉に瑕という意見もあります。どうせなら木の電柱などいかがでしょう。富田の酒造りの町とも似たところがあります。発酵つながりですね。

P1810451.jpg

 少なくないお家に行灯が下がっています。達筆で歌などあしらってありますね。この町は日暮れなんかよさそうです。摂津富田にこれはない。

P1810500.jpg

 廃業された銭湯を開放して無料展示されています。園部の博物館には銭湯の一部を展示したものがありますが、ここは銭湯そのものです。とはいえ女湯はちょっと落ち着かないのです。

P1810456.jpg

 もはや

P1810580.jpg

 実はここは映画村でした、と言われてもああ、やっぱりそうでしょうと返事してしまう自信すらあります。連続テレビ小説が合うのではないでしょうか。やはり電柱は木でお願いします。

P1810630.jpg

 あまりに暑いので涼とご飯をいただきます。ああ土間ですね。いなかのおばあちゃん家に来たみたいですね。夜は蚊帳を吊って寝るんですよ。

P1810707.jpg

 潮の香り、港の香り、そしてむせ返るような麹の香り。香り高き湯浅の町でした。こたびも長くなりました。すいません。

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2017/08/06(日) 07:36:43|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

17/07/29 格子戸をくぐりぬけ

 旧道のなかの旧道、旧道といえば東海道は関宿にいってきました。さすが東海道、西国街道芥川宿なんてかすんでしまうのです。

P1810080.jpg

 京都方面。関宿東追分から西追分まで約1.8kmにわたってずっとこんな町並みが続きます。

P1810281.jpg

 微妙な角度がたまらないです。まるで映画のセットですが人々の暮らしがたしかにあります。

P1810114.jpg

 2階のアーチ状の窓枠がかっこいいですね。一部洋風を取り入れながらも調和。

P1810115.jpg

 家にも表情があるといわなければなりません。漆喰の色が凝ってます。このお家は「伝統的建造物」に指定されています。

P1810123.jpg

 ツバメにもやさしい関宿の人々です。

P1810182.jpg

 西の追分休憩施設です。無料で開放してくれています。ドラマ撮影に使えそうです。

P1810135.jpg

 京都方面。1階格子戸、2階漆喰のお家が多いですね。

P1810200.jpg

 格子戸とアサガオのサンシェード。お似合いです。

P1810222.jpg

 こちらも一部洋風を取り入れていますが、木の格子がはまっています。ああ「氷」が・・・。

P1810239.jpg

 まぼろしのアンパンだそうで・・・。

P1810245.jpg

 もともと旅館だったそうで、池田屋や近江屋もこんなだったのでしょうか。木の質感がすてきです。

P1810276.jpg

 リフォームしても格子戸。

P1810288.jpg

 電柱と電線がないんですね。空が広い。そのような取り組みをされたということですね。堪能しました。雨にぬれたりするとまたよさそうですね。またぜひいってみたいです。長くなりました。すいません。

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2017/07/30(日) 05:55:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

17/07/17 雨の慕情

 特別にかわったこともないのですが、ご報告することもなく、更新できないでおりました。出かけてみたものの、結果はかばかしくもなく。



 分厚い雲と湿度。現像で何とかしてみようというのも小賢しいです。なるべく見たままを再現してみました。稲の生育は順調のようです。滋賀県仰木。

  1. 2017/07/17(月) 20:30:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

17/06/04 窯 together

 タイトル苦しいです(笑)。

 20年以上も職場に昼食を届けてくれていた料理屋さんが店をたたんでしまわれました。職場は大パニックです。毎日コンビニ弁当はつらいし自分で作るのは続かないのが明らかです。とりあえず職場に眠ってる炊飯器があったので、ご飯だけは炊くことにしました。ご飯を食べるにはふさわしいお茶碗というものが必要です。というわけでお茶碗を買いに信楽へ行ってきました。



 リハビリ兼ねてちょっと坂道をうろうろします。うんうんいい調子。この Ogama カフェではこの大窯を眺めながらおいしくコーヒーをいただくことができます。Ogawa コーヒーは高槻にもあるけれど、Ogama コーヒーはここでしか味わえません。

P1790256.jpg

 コーヒーだけでなく、お店そのものも素敵なのです。

P1790210.jpg

 産業遺産的に保存された登り窯もありますが、ほぼ放置で土に還らんとする窯もあります。以前も申し上げたかもしれませんが、王蟲の骸のようです。

P1790317.jpg

 肝心のお茶碗は信楽駅口交差点そばのいつものお店で買いました。このお店好きなのです。入りやすくて薄暗くて所狭しと陶器が並べてあってお宝が眠ってる感がものすごいのです。ああ楽しい。

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/04(日) 19:42:44|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

17/05/14 水辺をめぐる冒険

 今年の田植えも鋭意進行中の能勢は長谷です。


 
 田植え直前の澄んだプールにおじゃましました。カエルの声がにぎやかですが姿は見えません。ダイサギ君が哨戒中ですし。

P1780622.jpg

 昨日の雨で水量を期待して、久しぶりに行ってみました、琴滝。水量はともかく、やはり美しい滝だなあ。ちょうどお昼ごろで光が差してくれたのだけれど、ちょい白トビ。残念。

  1. 2017/05/14(日) 19:06:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4
次のページ

プロフィール

wooはwoodonのwoo

Author:wooはwoodonのwoo
大阪府高槻市に住んでいる中年男。芥川は高槻の鴨川、というのが理想。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる