続・芥川で遊ぶ!

 大阪府高槻市を流れる芥川やその他フィールドでの写真など。

17/10/16 雨に濡れながら

 ずっと雨でした。そして今も雨です・・・。



 恒例の黒豆えだまめを仕入れに篠山に行ってきました。もう来週くらいで枝豆は終わってしまうそうで、行けてよかったです。雨の河原町妻入商家群はたいそうすてきなたたずまいでした。写真のほうがちょっとなあ。

P1830623.jpg

 雨のたたずまい感って難しいです。



 ちょうど秋祭りの日で雨の中みなさんがんばっておられました。なかなか雅なもので、山車の上ではお稚児さんたちが笛や鉦、太鼓を鳴らしておられます。祇園祭の山鉾巡行、岸和田のだんじりとも異なる回転方法で興味深かったですね。

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2017/10/16(月) 19:35:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

17/10/09 Thorn Tree in the Garden (Derek and the Dominos)

 久しぶりに能勢方面。まだ稲刈り終わってないんですね。高槻あたりも今からというところです。



 大樹を大樹らしく撮るのは難しい。まだまだわからない。野間の大ケヤキ。色づき始めている。

P1830514.jpg

 逆光で。もっと光をあふれさせたほうがよかったか。アオバズクはもうどこか行っちゃったのかなあ。

テーマ:季節の風景 - ジャンル:写真

  1. 2017/10/09(月) 17:28:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

17/09/30 たまらん坂

 9月も終わりですし、9月の記録をUPしておこうと思います。



 ここは愛媛県内子町、「内子の町並み」です。最近こんなところばかり行ってるような気もしますが、やはり心踊るものがありました。坂道が特徴的でこれも味わい深いものがあります。

P1830468.jpg

 蝋産業で栄えた街だそうで、資料館として中を見学させてもらえます。なまこ壁ですが亀甲模様ですよ。凝ってますねー。亀や波の彫刻もすばらしく豪華絢爛です。

P1830491.jpg

 現役の床屋さんです。床屋談義とかするんでしょうね、やはり。クリーム色の漆喰のお家が多く、やわらかい印象の街でした。有名な内子座はチラ見程度で、次回腰をすえて訪問したいと思います。

P1830364.jpg

 実は両親を連れてのドライブだったのですが、内子の前に八幡浜港へ。何十年ぶりでしょう。もう全然思い出せません。道の駅ができたり、さびれてなんかいませんね。みかんの段々畑の壮観なこと!

P1830359.jpg

 みかんもいろいろで、全部味見させていただきたいところなのですが。選べと言われても絶対無理です・・・。

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/09/30(土) 18:34:55|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

17/09/02 北の町ではもう・・・



 稲刈りが始まっています。金色の野が美しいです。

 美山の里ですが、畦には直翅目の類やカエル、山野草などもたくさんですね。よく見ると稲の葉っぱもかじられた跡が。農薬を使わないか減らしておられるのだと思いますが、ご苦労は並大抵ではないでしょう。何か応援できるとよいのですが。

テーマ:季節の風景 - ジャンル:写真

  1. 2017/09/02(土) 18:16:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

17/08/05 醸on 醸on 醸on Please please me Oh!yeah (the Beatles)

 和歌山県湯浅です。この町も関宿と同じく「重要伝統的建造物群保存地区」があります。



 湯浅といえば醤油が有名です。写真は現在も醤油生産と販売をされているお店です。干潮で水がありませんが川と海につながる「堀」で、商品などを船に乗せるための入り江になっています。

P1810410.jpg

 醤油のほかに味噌や酒も作ってきた町です。ということは、発酵のための「麹」専門店もあるわけです。これはもしや、

P1810414.jpg

 そう!あの 「もやしもん」の世界ですね。ほんまに「もやし」って書いてある。主人公の実家は「もやし屋」でした。ちょっと感動。

P1810551.jpg

 かつての醤油工場そのまま資料館みたいなところには麹室。こんな場面も「もやしもん」にあったなあ。

P1810568.jpg

 この町には電線と電柱があります。それが玉に瑕という意見もあります。どうせなら木の電柱などいかがでしょう。富田の酒造りの町とも似たところがあります。発酵つながりですね。

P1810451.jpg

 少なくないお家に行灯が下がっています。達筆で歌などあしらってありますね。この町は日暮れなんかよさそうです。摂津富田にこれはない。

P1810500.jpg

 廃業された銭湯を開放して無料展示されています。園部の博物館には銭湯の一部を展示したものがありますが、ここは銭湯そのものです。とはいえ女湯はちょっと落ち着かないのです。

P1810456.jpg

 もはや

P1810580.jpg

 実はここは映画村でした、と言われてもああ、やっぱりそうでしょうと返事してしまう自信すらあります。連続テレビ小説が合うのではないでしょうか。やはり電柱は木でお願いします。

P1810630.jpg

 あまりに暑いので涼とご飯をいただきます。ああ土間ですね。いなかのおばあちゃん家に来たみたいですね。夜は蚊帳を吊って寝るんですよ。

P1810707.jpg

 潮の香り、港の香り、そしてむせ返るような麹の香り。香り高き湯浅の町でした。こたびも長くなりました。すいません。

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2017/08/06(日) 07:36:43|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4
次のページ

プロフィール

wooはwoodonのwoo

Author:wooはwoodonのwoo
大阪府高槻市に住んでいる中年男。芥川は高槻の鴨川、というのが理想。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる