続・芥川で遊ぶ!

 大阪府高槻市を流れる芥川やその他フィールドでの写真など。

2008/06/28 三宮

 今日は全然趣が違う写真です。仕事の関係で久しぶりに神戸に行きました。今日は仕事で明日は雨らしいのでこの週末は外で遊べそうにありませんねえ。
 仕事が終わって三宮から元町方面へ歩きます。JRと阪急の高架のすきまのこのあたりは怪しくて安く飲ませる店がたくさんあって大好きです。見上げるとダクトむき出しで、小雨も降ってくると、「ブレードランナー」か「未来世紀ブラジル」みたいですわ。リドリー・スコットに見せたい。

               

 元町高架下の「モトコータウン」に入る前にJRの南側にある中華の「丸玉食堂」、まだありました。南京街がそばなので中華料理のお店が多いのですが、丸玉食堂はもうアジアそのものですよ。
 モトコータウンは元町駅から神戸駅まで続いています。数年ぶりにしか行かないので、お店も変わっているのでしょうが行く度に新鮮な気持ちです。新鮮といっても「妙な」趣を楽しみに行っているのですが、今日も期待を裏切らないモトコータウンでした。
 古着とイグアナを売っているお店。皮ジャンとステレオを売っているお店、中古ワープロ専門店!すごいなあ。オベーションのアコギ¥4800、フェンダーのアコギが¥19800!同じくフェンダーテレキャスター¥30000と思わずまとめて3本くらい買ってしまいそうになりました。
 18のとき大阪に一人で出てきて、テレビがなかったものですからここで白黒テレビを買ったんですよ。元町から北千里まで白黒テレビをもって阪急で帰りました。当時テレビを持っている学生は少なかった。学友が見に来たなあ・・・。
  1. 2008/06/28(土) 21:46:32|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2008/06/25 長岡京揚谷寺あじさい祭り

 ここは大阪府と京都府の境目の山中にある揚谷寺(柳谷観音)です。水無瀬川をどんどんさかのぼっていくと着きます。揚谷寺は善峯寺、光明寺とあわせて京都西山三山と名乗っています。揚谷寺だけが、公共の交通機関がないというのが玉に瑕ですが、立派なお寺です。山中にもかかわらず豊かな湧き水があって、これは独鈷水(おこうずい)と呼ばれ、特に目に効くという霊験あらたかなものです。私も老眼が日に日に進行していくので、今後ますますお世話にならなければなりません。
 いま揚谷寺では「あじさい祭り」をしています。いろいろな園芸種が咲き乱れています。靴を脱ぎ本堂の裏へ、渡り廊下からすばらしいお庭を見て、「あじさい廊下」を通って奥の院にお参りというのは初めてでした。なかなかよかった。

      

 天気があまりよくなかったのでいつものとおり薄暗い写真です。
 あじさいいっぱい咲いてはいるのですが、少しピークを過ぎていましたかね。ちょっと遅かった。

      DSCN7458.jpg

 そういえば、梅雨にあじさいにでんでんむしというのは昔はワンセットによく描かれていたように思うのですが、でんでんむしが描かれることがなくなりましたねー。ナメクジはちょっとナンだけど、このうずまき一つで愛らしいと感じます。ここにはでんでんむしがいっぱいいました。

      DSCN7440.jpg

 いわゆるふつうのアジサイのびらびらとしてるのはガクという部分で花ではない。

      名称未設定 3

  その真ん中の小さいのが花。

      DSCN7426.jpg

 ガクアジサイはガクと花が分かれている。実はガクアジサイのガクのなかにも小さな花があるとのこと。じゃあガクってなんやというと「装飾花」と。花が花を装飾する?いったいだれがどうやってなにを目的にこんな構造になったのか。神の領域ですねー。興味は尽きません。

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/26(木) 21:27:13|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008/06/23 ひざが痛い

 今日は5時を過ぎてからちょっと晴れ間も出て風もひんやりしてましたので、6時半から1時間走りました。今日のBGMはデルク&ザ・ドミノズの「愛しのレイラ」。ちょうど名曲「Layla」で1時間。
 ちなみに走る前65.4kg。帰ってきて64.2kg。2回計っての値なので信用してよさそう。すごい脱水だなあ。ここに新鮮なビールが注ぎ込まれると。もう痛風 a go go! ですね。
 かつてはノンストップで1時間走れていたのですが、心肺は行けそうなのですがひざがいけません。右ひざが痛くなってきて、サポーターを親の仇くらいに締め上げて走っています。それでもときどき屈伸運動したり調整しないといけません。約15年間、70kgオーバーできましたからね、靭帯とか軟骨が磨り減ったりしてるんでしょうねー。とんそくとか軟骨とか食べたら効くんでしょうか。(ビールのあてやんか)
 まあF1でもピットインしますのでね。(だれがF1やねん)

 F1なおもてピットインす いわんやポンコツをや

      コアジサイ

 写真は本文とは関係なくて、ガクのないアジサイで「コアジサイ」今ごろ林道にもよく咲いている。山で出会うととてもかわいい。

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/23(月) 22:54:25|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008/06/21 洛西竹林公園

 「竹の秋」っていうことばがあります。わざわざ「竹の」ってつけるからにはただの秋ではない。それは5~6月、「竹の秋」は俳句の季語では「春」です。たけのこのあと、竹の葉は急に色あせてゆき、ざあっと散ります。ということをわが師から教えていただきました。もうすでに若葉は小さく出ているので、葉のない時期はない、とのことです。楠や柏餅の柏と同じです。「竹の秋」を探したのですが、ちょっとおそかったようです。ここは京都府乙訓郡。ということはこれは竹の若葉なのかしら。

      

 昨晩は、大阪北部は大雨洪水警報が出ました。どないなんねんと思いながら熟睡してしまって、朝雨はあがっていました。日中はもちそうとのことなので、雨の用意をして原付で出かけました。(私の写真はどうも薄暗いのですが、曇りだとさらに薄暗くて陰鬱ですねー)
 2枚目の写真からは、京都市西京区の洛西竹林公園です。入場無料。洛西ニュータウンという、京都西山のふもとで、まわりを団地に囲まれていますがけっこう広い。電車だと阪急桂か新しくできた洛西口駅が最寄り。

               IMGP5208.jpg


 世界の竹、笹などを添え書きつきで植えています。写真はキッコウチク(亀甲竹)。竹にも園芸種があるんですね。

               IMGP5217.jpg

 おどろいたのはものすごくお手入れが行き届いているところ。人手がかなりかけられています。竹って、ほうっておくといくらでもはびこって問題になるような植物なのに、整然としかも傷んでいない。竹林の下草もシャガや山吹が植えられていて、もう花は終わっていましたが、来年春ぜひ来なくっちゃ!資料館のほうには竹細工と展示パネル。型枠をはめて四角い竹にするとか、平べったい竹にするとか、おもしろいですねえ。千利休居士とか古田織部殿ならよろこぶでしょうねー(「へうげもの」講談社参照)。

       IMGP5203.jpg

 この橋も応仁の乱(1467-1477)発端の橋ですが、往事の場所はここではないそうです。
 こんな施設が無料でいいのか。大阪なら橋下知事にやり玉にあげられてしましそう。¥100円くらいならいいのではないかな(高齢者障害者介護者割引あり)。
 こんなところで申し上げるのもなんなのですが、橋下知事の「大阪維新」というのは、大阪府独自の福祉や文化系事業という知事に裁量権のある事業を、要するに国に物申さずとも切り捨てることのできるところを切り捨てていくということでした。橋下さんは自民公明の与党の推薦で知事になりましたので、国の事業に物申し上げられません。今日のニュースでは淀川流域委員会のダム不要との意見を国土交通省は「無視」と。橋下知事はここでもあいまいなことしか言えません。けた違いの府民の税使うのにねえ。橋下サン、野党から出てNO!と言ったら維新だったかも。与党、官僚、業界に対して、「いてまえ!」と号令かけてほしかったなあ。
 ようこそ知事室へ > 知事への提言てのがあります。ガシガシご意見を。私も送信させていただきました。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/21(土) 20:49:29|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2008/06/18 水辺の花

 芥川には金魚藻といわれるホームセンターの水槽コーナーでも売ってる水草が自生しています。
 金魚藻とかオオカナダモとかアナカリスとかいう名前ですが、よく見る水草です。芥川の流れのゆるやかなところに自生していて(田圃の水路でもみかける)、今花を咲かせています。小さな花を一面にてのがかわいいのですが外来生物だけに気持ちは少し複雑です。特定外来生物には指定されていないようです。

      アナカリス

 こちらも花を咲かせています。特定外来生物に指定されていて、芥川で駆除活動が行われているミズヒマワリです。

      ミズヒマワリ

 津之江公園の芥川に注ぐ水路ではとうとう水面を埋め尽くしてしまいました。上流のほうから地道に駆除活動を行っているのですが、この季節のこのありさまをみると少々うんざりします。今季もう一回駆除活動を行うそうです。

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/18(水) 22:27:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2008/6/17 正岡子規 四国ネタ

 先日愛媛県松山の正岡子規博物館のことに触れたのですが、もうひとつ、「子規堂」なる施設が実はリーズナブルで充実しています。子規ゆかりの有名人、夏目漱石、斉藤茂吉、与謝野晶子、千代の富士まで名前が出ています。ブログタイトルとはなんとかけ離れているのかと、お思いの皆様には申し訳ありませんがよろしく。
 
                子規堂拝観券50円

 なにせ、50円です。四国では単位が一桁違います。松山観光港の公式駐車場は1時間160円です。なんかすごいでしょ。
 さて正岡子規は俳句の人で、「柿くへば 鐘がなるなり 法隆寺」なのですが、実はそれまでの俳句にダメ出ししたそうなんです。俳句の神・尾芭蕉とあがめる人々を否定したらしいです(芭蕉を否定したのではないようですが)。さらに俳句のみならず後に短歌も始めて、これまでの短歌をまたダメだとしてしまったそうです。主流であった古今集調はいけない、万葉集の素朴で力強いところこそすばらしいとしたそうです。それは子規の門下伊藤左千夫、さらにその門下斉藤茂吉も「万葉秀歌」で言ってます。子規は結核で35歳で亡くなるのですが、燃え盛って燃え尽きたような人生です。過激派だったんですねー。
 俳句も短歌も当時陳腐化していた表現方法を最先端に変身させました。今で言うと音楽とか映像とかネット配信とかなんでしょうかね。あまり高尚と思わなくてよい。ただし、既存の価値を壊してやろうというような気概はあったにちがいない。パンクロッカー子規!
 俳句そのものからはそういう流れを私は知りえません。ただし、素朴でユーモアもあるというところは、これはよい。いくつかお気に入りの句をご紹介。

 うぐいすの 覚束なくも 初音かな (ホーホケキョがまだうまく鳴けない声ってかわいい) 

 さはるもの 蒲団木枕 皆あつし  (今日暑かったですねー)

 牛のせて  涼しや淀の 渡し舟  (大山崎でしょうか)

 岩つかみ 片手に結ぶ 清水かな (夏山を歩いていて湧水をゴクゴクのしあわせ)

 葦原の 中に家あり 行〃子 (行〃子は野鳥のオオヨシキリで、鳴き声がギョギョシギョギョシ。ちょうど今、あちらこちらで聞こえる。)
 
 ぱっと情景や音が鮮やかに浮かぶのが私の好みです。まだ半分も読んでませんのであしからず。

 出典は「子規句集」高浜虚子選 岩波文庫。 「古本の愛媛堂」で購入。郷土の書籍を目立つようにレイアウトしてあるところが店主の心意気を感じさせていい店でした。
 
  1. 2008/06/17(火) 22:25:45|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008/06/14 棚田?

 梅雨なのにあまり降りません。今年の田圃はだいじょうぶかしら。高槻の田圃もだいたい田植えが終わったようです。ここは摂津峡南の三好山のふもと。もとは棚田だったと思うのですが、田圃は一番下だけで、上は畑になっています。
 棚田じゃないから棚畑(たなばた)・・・とは言わないなあ。段々畑でいいのかなあ。って言ってたら、「段畑」ってのがありましたよ。愛媛県宇和島。ものすごい急斜面。先人の苦労が偲ばれます。
 愛媛のいとこがそちらのほうでみかん畑をやっているのですが、やっぱりも急斜面で、後継者も少ないそうでこれじゃあお年寄りにはきついワ。いまやみかん生産の1位の座を和歌山に譲りました。でも愛媛みかんはほんとうにうまい!

               

 もう一枚は芥川上流のほうに咲いているやはりセリ科のオオハナウドと思います。

               IMGP5121.jpg

 花だけ見ると先のノラニンジンにそっくり。でも葉っぱが違うし、花の基部の苞もない。花はきれいだから同じように持って帰ろうかといいたいところですが、茎にはアブラムシがびっしりとりついておりましたので、ご遠慮させていただきました。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/14(土) 21:26:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2008/06/11 ホワイトレースフラワーではなかったけどやっぱりレース

 前回の記事の「ホワイトレースフラワー」ですが実は「ホワイトレースフラワー」ではありませんでした。
 どうもすっきりしなかったので、高槻市教育委員会の運営している、リンクもさせてもらっている「あくあぴあ芥川」に文献を見に行きました。とても買えない高い専門書も閲覧できます。ちょうどミズヒマワリ駆除でいろいろ教えてもらっている、すてきな女性の学芸員のかたにお会いでき、ご親切にもいっしょにさがしてくれました。

               タチアオイ3色

 本を3冊ほどピックアップしてしただいて検索していると、どうも「ノラニンジン」で確定です。セリ科ですが、日本の固有種ではなくて園芸種の帰化植物です。掲載されていたのはずばり「日本帰化植物写真図鑑」。他のよく似たのと区別できた点は、茎に細かい毛が生えている、花の基部に糸状に細裂した苞があるという点でした。すっきりしました。あくあぴあ芥川のTさんありがとう。
 しかし、これまで、「ヤブジラミ」とか「ドクゼリモドキ」「ノラニンジン」とかもっと見た目にふさわしいかわいい和名をつけてあげたらいいのに。ドクゼリモドキは英語名でホワイトレースフラワー、ノラニンジンもQUEEN ANNE'S LACEでやっぱりレースですよ。芥川を下っていって、鷺撃橋から淀川の堤防上の道路を下流方面に走ると三箇牧、三島江あたりで風に揺られて白いレースがゆらゆらしていますよ。
 写真は全然関係なくて、今あちこちで咲いているタチアオイの3色。芥川のJR鉄橋そばの清水池。

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/11(水) 19:53:52|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2008/06/08 ホワイトレースフラワー

 先日の記事に書いたセリ科のドクゼリモドキかヤブジラミかの花なんですが、もしかして、花屋のホワイトレースフラワーの野生化したものかもしれません。というのは、ドクゼリモドキかヤブジラミにしても、図鑑を見てもネットで画像検索しても花がもっと貧相なんです。梅田のお店の前に活けられていた花が一番そっくり。ということは園芸種が野生化したものではないかと。葉っぱが特徴的なんですがそれについては未だコレという記述を見つけられません。

      ホワイトレースフラワー

 ホワイトレースですし、せっかくですから窓辺においてみました。カメムシ君はご遠慮願いましたが。

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/08(日) 21:56:16|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2008/06/06 さよなら四国

 昨日夜の船で四国を発ちました。船を待っている間に夕日が沈みました。

      さよなら四国

 父の入院先の病院からほど近いところに道後温泉。これは素通りするわけにはいかない。道後温泉本館は入湯料¥400、椿の湯のほうは¥360です。大阪の銭湯は¥410もするのに。
 その近くに正岡子規博物館もあり見学してきました。松山出身だそうです。

 柿食えば 鐘が鳴るなり 法隆寺

 の人ですが、松山城近くの古本屋で子規の句集を買いました。なかなか面白そう。俳句も短歌もしてはったのですね。野球が好きで「野球」「走者」「一塁」「二塁」とか和訳したのは正岡子規だそうです。またいずれお気に入りの句をご紹介できればと思います。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/07(土) 15:54:13|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2008/06/05 伊予の国から

 This is Radio Woo 愛媛県松山から更新中。
 父が入院して手術だというのでお見舞いです。手術は無事終了。あとはリハビリということです。

                高浜st.

 写真は伊予鉄高浜駅駅舎の天井。今なら絶対こんな装飾(あそび)しませんね。古くていい駅舎です。××クリニックの広告はご愛嬌。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2008/06/05(木) 20:18:10|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008/06/04 レースのベッドでカメムシと

 虫がきらいなひとごめんなさい。

      

 芥川の河口あたりから淀川の堤防は一面背の高い緑が生い茂って草の香りがすごいです。今花は少ないのですが、今年もこの花が咲いていました。ところが名前がよくわからない。カメムシはアカスジカメムシととても覚えやすい名前でした。
 手持ちの野草図鑑を開いてみますと、セリ科というのはすぐわかる。葉っぱの感じからいくと一番近いのはオオカサモチ。でもオオカサモチは深山から高山とあるから違う。ネットで調べてみるとヤブジラミとドクゼリモドキってのが最終予選に残りました。だれか教えてください。
 アカスジカメムシも決して気持ち悪いものではないのですが、カメムシにしらみとかドクゼリとか、かわいそうな名前をつけられています。

                IMGP4938.jpg

 小さな花が集まってゆるやかなドーム状の空中ベッドを作ります。アカスジカメムシ以外にも昆虫が集まっていますのでいい香りがするんでしょう。ドクゼリモドキは英語ではホワイトレースフラワーとなんともかわいい名前をつけられていて、園芸店でも売っているそうです。
 真っ白ふわふわでいい香りのするベッドにばふっとダイビング!カメムシさんと戯れる・・・。

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/04(水) 16:33:12|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2008/06/03 雨とアジサイ

 使いまわし写真をずっとトップに置いておくわけにもいかず、今朝雨でしたので近所の公園のアジサイを撮影しました。なんだか暗い写真ですね。

               

 
 しかし、使いまわしといえば、カバーとかリメイクとかは使いまわしとか他人のふんどしとかになるのでしょうか。ミュージシャンがライブで同じ曲を演奏するのは使いまわし、とは言わないなあ。絶版の復刻版も使いまわしとは言わない。だったら自分の昔の写真をもう一度ご披露してもいいのではないでしょうか・・・(くどくどじめじめ・・・)。

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/03(火) 21:53:03|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2008/06/01 使いまわし

 某所からリクエストのあったアジサイです。手持ちには2005年の善峯寺のものがありました。
 かつて公開した写真をもう一度公開することは使いまわしになるのでしょうか。船場吉兆(一発で変換)よりは罪は軽いと思うのですが。
 
       

 中央の米粒の中にほんとうの花が咲きます。

       050622-17.jpg

 使いまわし写真でした。
 すいません。

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/01(日) 21:30:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

プロフィール

wooはwoodonのwoo

Author:wooはwoodonのwoo
大阪府高槻市に住んでいる中年男。芥川は高槻の鴨川、というのが理想。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる