続・芥川で遊ぶ!

 大阪府高槻市を流れる芥川やその他フィールドでの写真など。

08/10/28 日露戦争

 ずいぶんと久しぶりの更新となってしまいました。休日の天候不良やらでネタもなく、とどめはOSの上書きインストールでした。改良に改良を重ねようとして結局御破算。オロローン。自己責任ですねー。メールアドレスもお気に入りもyoutubeのパスワードも消えた。いくつかのアプリは動かなくなり再インストール。もう3回目かなあ・・・。マイドキュは別のパーテーションに保存しておいたので無事。せめてもの救いでした。
 こんなことを何回も経験すると、あんまり多くを持たないほうが身も心も軽くていいのではないかなーとか考えますね。欲を捨てこだわりを捨てファイルを捨て、要る物を少しずつ少なくしていって・・・。PCの道は仏に通じていますね、絶対。

 ということで、復旧待ちの間、以前ご紹介した司馬遼太郎の「坂の上の雲」読了しました。面白かったー。
 以前も驚きのエピソードをご紹介したのですが追加で。文庫本7巻p100~。
 「この当時の日本政府は日本が未開国ではないことを世界に知ってもらいたいという外交上の理由もあって、戦時捕虜のとりあつかいについては国際法の優等生であった。ロシア捕虜をとびきり優しくとりあつかったというよりむしろ優遇した。
 その収容所は各地にあったが、松山がもっとも有名であり、戦線にいるロシア兵にもよく知られていて、かれらは投降するということばをマツヤマというまでになり、
『マツヤマ、マツヤマ』
 と連呼して日本陣地へ走ってきたりした。」
 長い引用になりましたが、司馬遼太郎さんおよび関係者の方へは無断転載なのですが、見逃してください、お願いです。



 愛媛県松山市に「坂の上の雲ミュージアム」があって、そのサイトにこんなページがありましたよ。写真のキャプション通りだとすると、なんと牧歌的な。
 マツヤマだからどうということではなく、戦場でも後方でも、やっぱり今の戦争の酷薄さとは違う。米軍がイラクで捕虜を虐待したとか報復の連鎖とかと違う倫理があったんでしょうね。しかもそれが有効だった。徳島県のドイツ軍捕虜の映画(「バルトの楽園」)もありましたね。(未見)

 だから当時はよかったな、ではなく「坂の上の雲」では、十万単位の兵士と最新兵器が真正面からぶつかり合い、一撃で100人単位が死傷する、胴から下を吹き飛ばされてしまう、四肢が飛散してして地面に突き刺さっている、大砲の弾が体に当たって肉片だけが残されたとかの話もいっぱいです。陸戦も海戦も同様です。
 勝つって何?勝つことは喜ばしいこと?という読後感を持たせます。帝政ロシアにあっては対日で勝ったとしてもそれは皇帝&官僚にとってであって「国民」が勝つことと同義ではなさそうです。では当時の日本は?今の日本なら?「国民」って?司馬氏は戦に勝つことより負ける方が学ぶべきことは多いとも書かれていました。勝ったからその後の道を誤ってしまうことがあるとも言われています。さもありなんと思われることは今もありますね。
 松山出身の連合艦隊No.3秋山真之は日本海海戦以後、出家するつもりだったらしいです。華々しい戦歴なのにね。彼は49歳で病没したそうです。真之氏の息子は僧になったらしいです。
 司馬遼太郎の小説って読後感はあまり重くなかったのですが、これは重かったですねー。

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/10/28(火) 20:03:47|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

08/10/18 久しぶりに芥川で遊ぶ

 今日は芥川倶楽部主催、淀川管内河川レンジャー共催で「植物からみた芥川 芥川を歩きながら、植物観察をしましょう。」のイベントに参加。植物については気に入ったお花くらいしか見てなかったので、いいチャンスです。
 芥川が淀川に注ぐ河口付近から遡上して行きますが、約3~40人のご一行様が植物を見てはコレはアレだ、アレはコレだと全然先に進まず亀ののろい。みなさん楽しんでますわー。講師の方も手作りのレジメで懇切丁寧。
 


 もうひとつ収穫だったのは昆虫のこと。ダンディーな昆虫の先生。とても幅広く教えていただきました。さらにコレ何?と聞くと即答です。その反応たるや中村俊介を上回る。さなぎも幼虫も即答!「ああジャコウアゲハのさなぎです」(!)。

tyousenkamakiri.jpg

 これは両方ともチョウセンカマキリという大陸由来のカマキリですが、大陸由来というのは疑わしいところもあるそうです。色が違いますが、体色二系というそうで、遺伝(100%ではないらしい)とか生育条件(気温、乾燥度)などで体色が違ってくるそうです。トノサマバッタやショウリョウバッタもそういえば二色ありますね。

ineka.jpg

 左はススキで右はオギです。今日の私はわかるんです。ふふふ・・・。(あと1週間たったらもうわからないと思われます。)
 あー楽しかった!主催の方、講師の方、スタッフの方、ありがとう!

テーマ:植物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/10/18(土) 19:01:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

08/10/15 音羽渓

 きのうは一日中雨でした。ということは!大雨の翌日は滝見に限ります。近くで滝はないかと検索していると、亀岡市に「音羽渓谷」ってのがあって大小さまざまな滝があるらしい。よし行ってみよう!
 今日は芥川ではなくて、茨木市の安威川をさかのぼる。安威川ダムのための立派な付け替え道路が大建設中!すげえ立派な道路だわ、高速道路みたい。もうなんだかなあ・・・。
 亀岡市に入り、西国二十一番札所穴太寺から湯の花温泉、その少し先が音羽渓谷の入り口。



 音羽渓谷は半国山への登山ルートのひとつ。バイクでいけるところまで行きます。バイクは偉い。ここから先はゲートがあって、道もあれているので徒歩です。

2008-10-15_0002.jpg

 いやーいいところですわ。登山ルートに沿って沢が続いており、好ポイントでは登山道から沢へのよく踏まれた道ができている。
 いくつもの滝に出会えるのですが、惜しむらくはやっぱり渓谷だけあって薄暗いんですよねー。

2008-10-15_0003.jpg

 いっぺんこの落ち葉ぐるぐるを撮ってみたかったんです。よかったー。だいたい杉の木が多いのですが、沢には落葉樹も多く、紅葉のころや初冬のころも面白そう。また来てみたいです。

 2008-10-15_0000.jpg

 さまざまなキノコもたくさん見られましたが、さすがに手が出ません。山菜とキノコは難しい・・・。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/10/15(水) 19:35:20|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

08/10/13 坂の上の雲

 これも四国ネタかもしれません。読み始めた動機は主な主人公3人(この小説の場合主人公は多数いる)が松山の人だったからです。久しぶりに司馬遼太郎読んでます。やっぱり面白いわ。しかも四国ネタであり明治モノですのでねー。



 主な主人公の一人、俳句の正岡子規は3巻くらいで亡くなっちゃうんですが、メインは日露戦争。陸軍の秋山好古、海軍の秋山真之兄弟が松山出身ということです。

 わざわざご紹介するのは、第5巻、旅順要塞の攻防、映画で「203高地」とかありましたアレです。私には驚きのエピソード。

 両軍とも、ものすごい死傷者を出す。特に日本軍は10万の兵士のうち6.5万が死傷、死亡は1.5万人という当時ではありえない数字だそうです。そんな激戦の中、両軍兵士の遺体が戦場に累々と横たわってる。そこで、日露両軍の間で、戦闘休止の期間が決められたそうです。この日この時間は両軍戦闘休止。その時間は自軍の兵士の遺体を収容するためだったとあります。その作業中日露の兵士は接近遭遇するわけですが、露軍兵士からお菓子をもらったとの記録もあるそうです。
 さらに戦闘はクライマックスを迎え、露軍降伏と決まってしまうと、両軍兵士はさっさと戦場を離れ、旅順市街であまつさえ一緒に酒を飲んだとのことです。戦場が自国ではないので、中国の人々にはひとんちで何さらしてくれとんねん、てところでしょうが、何か、ひたすら命からなにから消耗する戦闘がもうやっと終わってくれた、お互いほっとしたみたいな感じだったんでしょうか。あと、軍人同士の「信義」みたいなのもあったんでしょうかね。
 わが師は、「当時は相手の顔を見ながらの戦争だからねー、今の戦争は安全な所からミサイル飛ばして全然顔も見えない。ひと対ひとじゃない」、と言われました。
 宮崎駿巨匠は「レーダーの発明がすべてを変え、戦争はさらに酷薄なものになっていくのである」と同様なことを言われています。
 文春文庫で全8巻、今6巻を読んでいます。「坂の上の雲」、NHKでドラマ化されるそうです。

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/10/13(月) 20:45:44|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

08/10/02 唐岬(からかい)の滝

 四国ネタの最後。朝6:30にフェリーは東予港に入港。
 バイクでフェリーに乗ったのは初めてだったのですが、バイクは私だけ。フェリーってお客が少ないのになんでやっていけるんだろうとかねがね疑問でしたが、少し謎が解けました。トレーラーを乗せるんではなくて、コンテナだけ乗せるんです。トレーラーは大きなコンテナを次々に船内に運び込んでは運転席だけが戻ってきます。旅客や自家用車はほんの一部なのでした。入港するとまた、運転席だけが船内に入っていってはコンテナを接続しておろします。
 コンテナがすきまなくびっしり詰まれたすきまにマイバイクをひっそり置きます。そんな作業のじゃまだから一番に下船させてくれました。

 東予港からR11を松山方面へ。実家に近くなってから、エイヤッとR494へ左折。ここも「酷道」にあげられています。狭くて急坂で、ワインディングロードで、四輪ではきついですがバイクならむしろ楽しい。
 途中に唐岬(からかい)の滝。まだ朝8時くらいなので光があたらず薄暗い。



 ちなみに正岡子規も夏目漱石も見に来たそうです。

 kuromoritouge.jpg

 この「酷道」R494を進んでいくと黒森峠。バイク乗りたるもの、峠を目差すべし。
 
名称未設定 1

 高原の村のなんでもやさんはとてもいいたたずまいでした。 

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/10/10(金) 22:39:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

2008/10/02 面河渓

 瓶が森は終わりましたがまだ続く四国ネタ。思えば久しぶりに川の写真ですよ。
 面河渓は石鎚スカイラインを下って少し登り返したところですが、これも道路が舗装されていてバイクならとても楽しい。車なら少し道幅が狭い。
 少し開けたところに国民宿舎や御茶屋さんがあります。キャンプ場も遊歩道も整備されています。渓谷なので光があたっていない薄暗いところが多い。この橋のところは比較的開けているので光はよくあたりますが、この橋がどうしても写真に入ってしまいます。思い切って橋をドンと入れました。



 橋の上流、この70mの断崖は亀腹と言うそうです。

DSCN8064.jpg

 新緑や紅葉の時期はそれはそれは美しいそうです。平日の愛媛の高原は走る車もほとんどなく、だらだらツーリングでのんびり快癒。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/10/07(火) 20:03:54|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1

2008/10/02 瓶が森その3

 ここが山頂。顔出ししてますねー恥ずかしくないんですかねー。
 2千石原の反対側は断崖絶壁です。覗き込むこともためらわれます。急に足が震えてきました。



kamegamori7.jpg

 いい枝振りです。見栄をきっているかのようです。

IMGP6186.jpg

 これぞリンドウ。遊歩道にいっぱい咲いていました。
 (瓶が森-終わり)

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/10/06(月) 19:58:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

08/10/02 瓶が森その2

 四国ネタ続きです。
 次の写真は昨年11月のものです。石鎚山から見た瓶が森(1896m)です。石鎚からずっとほぼ稜線に沿って林道が開かれていて車でアクセスできます。それはええことなのかどうかはひとまず置きますね。



 正面のグリーンのところが氷見2千石原で、よく見るとピークが二つ。左が「女山」で1896m。右が「男山」、ほこらと「信者小屋」がありますので瓶が森も修行の山なんですね。
 以下の写真は今年10/02のものです。
 さて、上の写真でいうと、向かって右の男山の稜線を下って色が変わるあたりに駐車場があります。そこから広大な笹原に突入なのですが、そこから見た男山ピークはこんなです。

kamegamori4.jpg

 笹原下辺を左に移動して男山を見るとこんなです。

kamegamori5.jpg

 windows XP の初期画面ではないですよ。この緑は全部笹ですし。
 写真手前の笹原にくぼんだところがあるのがお分かりでしょうか。実はここには沢があって、音を立てて水が流れています。こんな頂上そばでなんでこんな水量なの?びっくりしてしまいました。この笹原には宿泊できる施設が2つもあります。(続く)

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/10/05(日) 19:52:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

08/10/02 瓶が森

 実家の愛媛に帰省していたのですが、今朝大阪に戻ってきました。せっかくですから石鎚山方面にバイクを走らせてきました。
 正面に石鎚。ここは標高約1800m、瓶が森の氷見2千石原というところです。一面美しい笹の緩斜面。ウラジロモミの枯れ木。石鎚は見る方向でいろんな表情を見せますがいずれも険しく神々しい。(~森は森ではなくて、ここらあたりでは山頂を示す言い方のようです)

kamegamori.jpg


 四国ネタ、しばらく小出しにしていきますのでよろしく。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/10/04(土) 09:16:20|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

プロフィール

wooはwoodonのwoo

Author:wooはwoodonのwoo
大阪府高槻市に住んでいる中年男。芥川は高槻の鴨川、というのが理想。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる