続・芥川で遊ぶ!

 大阪府高槻市を流れる芥川やその他フィールドでの写真など。

09/06/25 芦生演習林その2

 芦生演習林の続きです。トロッコ道から水辺におりてみると、まあやっぱり水ってのはいいですねえ。

 見事に同じような写真3枚。いかに狭い範囲を逡巡しているかがわかります。選びきれない優柔不断さ。別に芦生らしい写真でもないのだけれど・・・。
 園芸ショップに苔玉ってあるでしょ。あれの大きい感じです。木漏れ日と、苔から新しい葉が生えてきてさわさわとゆれています。



DSCN9597.jpg

DSCN9639.jpg

 ちょっと白とびしてしまいました。めんどくさがらずNDフィルターつけるんでした。この先はまたトロッコ道に登りかえすので、ここでコースを引き返すことにしました。

 この日の北山写真の最後は佐々里峠のブナの木。大きい木でした。佐々里峠も芦生の森の周縁になります。避暑に最適なコースですので、盛夏にも行ってみようかと思います。

IMGP8510.jpg

 

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/25(木) 21:38:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

09/06/23 芦生演習林

 前回の続き、京都北山にバイクを走らせたときの写真です。
 芦生(あしう)演習林は美山町を東に行くとわかれ路があります。現在正式には「京都大学フィールド科学教育研究センター森林ステーション芦生研究林」というそうで、京都大学の研究のための4200ヘクタールの由良川源流の原生林です。1921年に設定されましたが、研究やその費用収入のために伐採や炭焼も行われたそうです。人里もありました。今となっては人手があまり入っていない原生林の趣き、自然の巨木などがあり、由良川源流の険しい谷の風景など、人気のあるハイキングコースです。一応現地事務所へ入山申込書などを出さなくてはなりません。



 このトロッコ道は1990年代まで現役だったらしい。けっこう杉の木が多いですが進むにしたがってトロッコ道も荒れてくるし、林も野性味を帯びてきます。

IMGP8474.jpg

 訪問したときは、トロッコ道沿道にガクのないコアジサイがたくさん咲いて出迎えてくれました。

 IMGP8480.jpg

 灰野という谷、石垣があり、村があった・・・廃村です。原生林といっても、ヒトの暮らしがここにあったんだなあ・・・。瘴気は出しませんが、腐海に呑まれていく村・・・。「風の谷のナウシカ(マンガのほう)」を思い出します。廃墟や廃村を見るとニンゲンも滅びるんだろうなあと思うことがあります。

IMGP8489.jpg

 ブナの木かなあ。何かからんでますねえ。趣き深くなってきました。トロッコ道も飽きてきた。ちょうどトロッコの橋梁が倒壊してるところに来ました。水辺に下ります。次は水辺の写真を。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/23(火) 23:20:10|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:5

09/06/20 京都北山 美山町

 明日から1週間雨模様らしいので、今日のうちに1週間分外で遊んでおきます。こういうときだけ、もうスカッとさわやかに目がさめます。

 今日も高槻から亀岡、越畑から京北、安掛を右。佐々里峠方面へ。長袖シャツに長袖ウインドブレーカーを着ていても寒いくらい。

 一度ヨメと車で来たことがあるのですが、あまりの観光客の多さにスルーした、美山町のかやぶきの家々。到着は9時ごろだったので、観光客はほとんどいません。(でも少しいた)



 日本海に注ぐ由良川の源流に向かってバイクを走らせるのですが、突然景色が開けて日本昔話の風景がドン。

IMGP8425.jpg

 村の中を歩かせてもらいました。民宿や、カフェ、売店、公衆トイレもあり、観光客にも開かれた集落になっています。由良川ではすでに鮎釣の解禁。数人の鮎釣師がおられました。で、今ごろ鯉のぼりかってよく見たら鮎のぼりでした。写真のかやぶき家は民宿です。泊まってみたい!

IMGP8437.jpg

 とはいえ、ホンマの民家もいっぱいで、洗濯物を干してあったりするのでアングルにも気をつけなければ。集落の方々の御好意で中を歩かせていただいて写真を撮らせてもらってます。

IMGP8452.jpg

 またお邪魔したく思います。お土産を何か買って帰ることくらいしかできないのだけれども、この風景は残しておいてほしいです。白川郷にはなかなか行けませんが、ここなら、家から2時間あれば着きます。

 というわけでまだまだ続きます京都北山はいかい。

 

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/20(土) 20:18:30|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:5

09/06/17 海を見に行く

 雨の気配も全然ない。カンカン照りにアジサイはふさわしくない。
 ということで今日はサイクリング。
 淀川左岸には自転車道があるとのことで、高槻側からまず枚方大橋を渡る。自転車道の標識はないもののすぐそれとわかります。かなり快適に走れます。
 この「なにわ自転車道」は毛馬閘門で大川沿いに方向を変え、大阪城方面へ。淀川も本来はこの閘門の下流が本流でした。大水となると流域の大阪市内が水浸しになってしまうという被害があいついだため、淀川本流の付け替え、今の淀川の開削となりました。
 その付け替え工事からちょうど100年になるそうで、旧閘門のれんがの遺構などは趣き深いものがあります。
 この川には船のための信号機があります。



 海を見に行きたい今日のワタクシとしてはここからがちとつらい。自転車コースがない。なるべく車道を避けたいのですがダートコースもあったりたいへん。河川敷の公園もところどころない。また堤防の車道に上ったり。
 一番の難所だったのはココ(笑)

IMGP8397.jpg

 阪神高速の下をくぐる。1.3mくらいしかないかな。なんの標識もないのが絶望を示している。「行ってもええけど大変かもねー、知らんからねー」(絶)

 淀川大橋を渡って淀川右岸を行く。
 矢倉緑地は釣り人もいない静かな公園。カキ、フジツボ、がさがさとフナムシ。濃厚な磯の香り。ああやっぱり海だわ。
 ハイ到着、お疲れさまでしたー。

 IMGP8401.jpg

 向こうの道路はは阪神高速5号湾岸線。

0617.jpg

 帰りは西淀川区の快適な自転車専用道路を通って、神崎川左岸のなにわ自転車道を遡上します。で神崎川と淀川の合流地点から淀川右岸を遡上して高槻の我が家へ。
 サイクラー増えてるし、自転車道整備してほしいですねー。
 
 今日の走行距離68.4km、約4時間。やっぱり右ひざが痛くなってくる。サポーターが必要。
  1. 2009/06/17(水) 20:28:49|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

09/06/14 京見峠

 梅雨はいきなり中休みだそうで、また、水不足とかいうんじゃないでしょうか。
 これさいわいと、バイクでおでかけなんですが、今日は、以前から行きたかった京見峠の京見峠茶屋。バイク乗りたる者、峠を目差すべし!高槻から山越えで亀岡、さらに北上して出雲大神宮で湧き水をいただいて、北山方面。周山街道から南、左折して杉坂方面、で京見峠。
 かなり道幅が狭く、車では離合が困難です。でもたまに車が来ます。バイクはらくらく。でも人気のある峠道なので歩行者もサイクラーも多い。十分気をつけないと楽しみもだいなし。



 このたたずまい。いいでしょ。到着すると「本日休業」の看板。「ええええ!」でも入り口は開いている。まだ11時。私が早く着きすぎたのでした。「どうぞー」と迎えられて、中でまたびっくり。重要文化財級のかまどやら調度品やら、「うおっ」思わず声が出ます。
 辛味おろしそばを注文。私の到着が早すぎたので、「お待ちの間、どうぞー」とわらびもちのサービス。辛味おろしそばはガツンと辛くて食べ応え十分でした。

 お店の美しいお姉さんにおうかがいしたところ、もともと築400年の古民家とのこと。400年!道理で!もう十分最重要文化財ですよ。
 「またお越しください」とお姉さん。ハイ!また参りますとも!

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/14(日) 22:44:41|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

09/06/11 雨上がりのヨシワラに

 昨日の雨が朝、あがっていて、こういうときは水滴写真の狙いめですが、まだ雲が分厚くて薄暗かった。
 アジサイももひとつ難しい。池のはたのヨシの葉っぱが水をはじいていい感じ。もすこし日が差せばよかったんですがねー。


テーマ:植物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/11(木) 20:46:36|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

09/06/10 父から娘に伝えるSex Pistols

 今日はようふりました。ということでまた余談。
 最近娘の服が白と黒のツートーンで、一部チェッカーフラッグ模様でお前はスペシャルズか、セレクターかと思っていたら、Tシャツのプリントは「LONDON CALLING」だし、「LONDON CALLING」って聴いたことあるの?って聞いたら「ない」と。なんじゃいと思っていたらゆうべ、

 「オトン、Sex Pistols って有名なん?」と聞く。

 はあ?どこでそんなこと聞いてくんねん、と聞くと大学の講義だという。文化人類学の講義。娘曰く、パンクロックに関心があってパンクロックに言及した講義なので選択したという。
 
 で「オトン、なんかCD持ってないん?」
 CDなんかあるかい、レコードかカセットしかなかったんじゃ。お金なかったし、レコードから録音したカセットならぎょーさんあるぞ。海賊版もあるぞ。うちにはラジカセもあるし。
 「パソコンに録音できひんやん」
 できんことはないけど・・・。

 マンガはともかく娘にパンクロックを聞かせたことはないはずなので、どこでどういう脈絡で・・・かはさっぱりわかりませんが、今日梅田に出たついでに中古で見つけた「Sex Pistols」の「勝手にしやがれ」。なつかしいー。やっぱり軍靴の音に合わせてレスポールギター、マーシャルアンプからドカンと出てくるディストーションギターは気持ちいい!

sex pistols

 こんなものを娘に買い与える日がこようとは思ってもみなんだ。the Clash の1982年東京ライブのDVDが出てきたので見せてやります。1曲めは「LONDON CALLING」。
  1. 2009/06/10(水) 20:12:07|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

09/06/07 タラの芽

 山の辺をうろうろしていると、とげとげの木がいくつかあります。モミジイチゴはそれはそれはおいしい実がなるのですが、するどいとげのため、素手で収穫するのは困難です。ジャケツイバラは鮮やかな黄色い花につられてふらふら手を出すとひどいめにあいます。木の芽=山椒もとげだらけ。ノイバラも淀川河川敷に繁茂、今花盛りですが、茨の道とはよく言ったもので、できれば通りたくない。
 とげとげだけなら誰も近寄りもしないのですが、バラの花がそうであるように、引き寄せられるのはなにかしら「オイシイ」ものがあるからです。春の味覚、タラの芽もまさにその例外ではありません。
 某所にタラの木があるのは調査済みでした。春先、枝も葉もないズボンととげとげの凶悪そうな幹一本。タラの木です。じゃあタラの芽をということで再度見に行くのですが、もう摘まれてしまっていたり収穫できたためしがありません。



 写真は大原野森林公園のタラの木。この木は4mくらいあり、テラスから撮影したものでとても手が届きません。その前に、公園の木の芽を勝手に摘んだりしてはいけません。森林公園じゃないところにもけっこうあります。林道沢筋がねらい目かと。

 IMGP8130.jpg

 だれも摘まないと、たくさん葉を出して枝を伸ばします。タラの木には雄雌があるそうで、雄には葉っぱの付け根にも鋭く長いとげを出しています。タラの木は花を咲かせて晩秋に結実するそうで、実を収穫に行こうかと思っています。自家製山菜をもくろんでおりまする。

テーマ:植物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/07(日) 22:06:37|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

09/06/04 白い花

 こちらでは朝の電車でもマスク着用率がゼロに近づいてきました。コンビニなどでもマスクを売っています。もう売れ残っています。まあ次の冬に向けて、しばらくマスクは売れるでしょうね。

 ということで、くもりばっかりですねー。ふりそうじゃなければお出かけするのに、今にもふりそう。ということでまた蔵出し写真。



 セリ科のハナウドではないかと思います。葉っぱをちぎると香りがあります。セリも三つ葉もパセリもセリ科なんですね。いい香りがするわけだ。
 花の向こうに芥川の源流出灰川が流れています。

 IMGP8210.jpg

 ポンポン山周辺の林道のあちこちをエゴノキの落花が白く染めています。おおエゴノキってこんなにたくさんあるんだ。
 エゴノキの花はきれいなまま落花します。桜のように花びらがばらばらにならないので、とてももったいない気がします。もっと木にぶら下がってたらいいのに。
 

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/04(木) 20:46:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

09/06/01 田植えを完了して

 きのう撮影したものです。このあたりの棚田もすべて田植えが完了していました。苗が育ってくると、またいちだんと美しくなってくるでしょう。また見にこなくては。



DSCN9523.jpg

DSCN9533.jpg

 棚田を維持するのはとてもたいへんだと聞いています。いくつか、休耕田みたいになっているところもありました。なんとか維持してほしいです。御協力とか写真の御恩返しができればいいのですが・・・。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/06/01(月) 19:54:13|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3

プロフィール

wooはwoodonのwoo

Author:wooはwoodonのwoo
大阪府高槻市に住んでいる中年男。芥川は高槻の鴨川、というのが理想。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる