続・芥川で遊ぶ!

 大阪府高槻市を流れる芥川やその他フィールドでの写真など。

10/03/27 クリーンアップ大作戦~芥川をみんなの川に~

 今日は、「クリーンアップ大作戦~芥川をみんなの川に~」ということでいいお天気で何よりでした。今年はなにせ、「大」作戦ですよ。昨年よりグレードアップして5ヶ所で一斉蜂起、参加者400名といいうことです。来年は1000人動員予定らしいので、もうカストロもゲバラもうらやましがることでありましょう。
 で、大仕事を終えて記念写真。少年たちはサッカークラブとしての参加とのこと。みなさんお疲れさまでした。



 昨日までの雨で思ったより増水していてちょっとやりにくい。しかし、おそらく不法投棄であろう古タイヤ5本も回収でき大漁大漁。

 さて、昼前には終了なのですが、そのまま帰宅してシャワーを浴びると自動的にビールの栓を開けてしまうし、するともう今日が終わってしまう。いいお天気だったのでちょっとシャワーおよびビールを我慢して淀川河川敷。

 城北ワンドは有名ですが高槻市三島江にもワンドがあります。小さな池も増水。淀川本流とつながることはめったにないとは思うのですが。

DSCN8260.jpg

 何の木か知りませんが、河川敷の枯木たちも芽吹き始めています。ぼかす写真って難しい。いつもは絞りきって広角パンフォーカスが多いので。ノイズっぽいし(ぐちぐち)。

テーマ:四季 -春- - ジャンル:写真

  1. 2010/03/27(土) 17:55:09|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:8

10/03/22 淀川河川敷

 連休最終日はおだやかな日和でなによりでした。昨日の黄砂はすごかった!芥川大橋から高槻駅ビルがかすんで見えた。

 さて今日は芥川河口淀川河川公園。ウグイスの声はすれど姿は見えず。まして写真にはおさめられず。
 しかたないので地べたをごろごろ。ただのヒメオドリコソウですが、アップにするときのこの森みたいで。



 例によって不鮮明な写真なのですがシロハラかと。初見でした。

sirohara.jpg

 でいつもならうるさいだけで「またお前か」などとやつあたりされてるヒヨドリですが、これは何の木なんでしょう。お花を一生懸命ついばんで春の味覚を楽しんでいるようでした。芽吹いた緑に助けられてたまには出演していただきましょう。

DSCN8186.jpg

テーマ:四季 -春- - ジャンル:写真

  1. 2010/03/22(月) 19:57:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

10/03/20 バンとオオバン

 今日も午前中おだやかだったので津之江公園に愛犬を連れて太陽にあたりに行ってきました。冬の渡り鳥のカモたちは減ってきたように思います。先日カワセミが来た津之江公園ですが今工事中で公園の半分以上が入れないようになってますが、どういうわけか関係者以外の方が入ってますし、草が枯れてゴミが露になってますしちょっと痛々しいですね。
 
 先日の写真ですがバンがいました。3羽は確認。おでこの赤がまだらなのはまだ幼鳥のせいなのかな。(参考-2006/5頃の小寺池)



 淀川では見たことがありましたが津之江公園でははじめてオオバンを見ました。バンより半回りくらい大きい、体は真っ黒でくちばしおでこは白。

DSCN7931.jpg

 バンもオオバンも額は額板と言うそうでくちばしと一続きで硬そうです。なんらかの防御的な意味があるのでしょうか。

 お昼過ぎも、と思って淀川河川敷に行ってみたところ暴風でした。カメラを据えた三脚がズズズと移動していきます。すごすごと引き上げてきました。連休中にもう一回鳥を撮りたいなあ…。

続きを読む

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/03/20(土) 16:00:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

10/03/14 野点

 朝、愛犬を連れて外に出たらあまりにおだやかないいお天気でしたので、お昼は外で食べることにしました。お寝坊なヨメとムスメはあまり関心なさそうです。花粉とかいって家の中ばかりいると腐りそうでしたし、鼻水がなんだ!後のことは後で考えることにします。
 


 山の方へは近づきたくないので、近所の芥川でぼんやり。ああぼんやりするのも久しぶりかな。今日は菜の花ラーメン、たらこおにぎり and モリタヤコロッケ1ヶ。残念ながら菜の花は現地採取ではありませぬ。そして抹茶ミルク。
 子どもたちが川にはまって「つめたー」とかいいながらどんどん盛り上がって、最後は泳いでましたよ。

 ついでにデジスコ一式を持って行って久しぶりに鳥見。せっかくカワセミが通りかかってくれたのに…。ピントがぁぁぁ!

 DSCN8103.jpg

 クリックしても大きくなりません。すいません…。

テーマ:四季 -春- - ジャンル:写真

  1. 2010/03/14(日) 18:49:38|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:8

10/03/11 さんしゅゆ

 3月になって、晴れの日は花粉、雨の日は雨でどうもひきこもりがちです。
 雨がちなこのところですが、通勤途上ではもういろんな花が咲き始めていて、こんな寒いのにサクラソウとか菜の花とか見ると、なんだかついて行けないわが身を感じたりします。



 サンシュユ(山茱萸)が今年も小寺池で満開となっています。今日は久しぶりに日をあびてきれいでした。その果実は漢方薬にも利用されるそうです。バックのユキヤナギも日に日に花を咲かせています。それを確認しつつ私は、ステロイドの目薬と鼻水対策の漢方「小青竜湯」を毎朝欠かすわけには参りません。あああ…。

テーマ:四季 -春- - ジャンル:写真

  1. 2010/03/11(木) 21:10:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

10/03/08 織田作之助 「夫婦善哉」

 2月の先日の街歩きのネタですが。
 上町台地は西側の松屋町筋に向って下りなのですが、台地の神社とか寺あたりからの下り坂にはいくつか名前があります。昭和初期の作家「織田作之助」によって「口縄坂」がもっとも有名のようですが、現在の口縄坂はあまりぱっとしない風情です。
 写真は「源聖寺坂」ですが、

IMGP1580.jpg

 ほかにも愛染坂とか清水坂などがあります。愛染坂にはお寺に愛染明王(愛の欲についての仏)、愛染桂なるカツラの木がここにあるらしいし、清水坂には清水寺があり、京都の清水寺と同じように3本の滝がありました。

 ということで口縄坂で高名な織田作之助の「夫婦善哉」なる小説を初めて読みました。かつて映画にもなり、「ミヤコ蝶々の・・・」というテレビ番組もありました。

 面白かった!

 舞台はは昭和15年くらいなのでわが帝国が中国から太平洋に戦線拡大せむとする泥沼一直線のとき。お国のことは一切出てこないのですが「わざと出さない」くらいの「出さなさ」。
 貧困の家から芸者として力をつけていく蝶子が妻子ある柳吉を「略奪婚」。蝶子と柳吉がミナミでデートするのに妙な安物ゲテモノの店に行ったとか、商売を始めたり儲けたり借金したり、柳吉がもともとの放蕩ぶりで散財してしまったり…。

 感動したのは、親子、夫婦、兄弟などが、艱難辛苦、愛憎うらはらなれど決して決別にならないこと。読んだ本は他に「木の都」「六白金星」が収録されてましたがいずれも、時折遠くなっても離ればなれになることはない、見捨てないという世界でした。

「夫婦善哉」の主人公蝶子はラストシーンで、さんざん苦労かけられた夫の柳吉と法善寺横町のお店で「夫婦善哉」をいただきます。1人前で小さな椀二つにぜんざいがのっていたそうですが、このシーンで私がうれしかったのは、さんざん苦労かけられてきた蝶子の「尻」が太って椅子からはみ出そうだったというくだりです。ああやせ細ってはおらぬ、たくましくやってきたんだなあ、と…。もう女性の苦労された体型には文句言えませぬ。女性のお尻で結末を語るって、すごい。
  1. 2010/03/08(月) 20:32:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

wooはwoodonのwoo

Author:wooはwoodonのwoo
大阪府高槻市に住んでいる中年男。芥川は高槻の鴨川、というのが理想。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる