続・芥川で遊ぶ!

 大阪府高槻市を流れる芥川やその他フィールドでの写真など。

11/10/31 国鉄 on my mind

 大阪環状線弁天町駅スグの交通科学博物館に、子どものとき以来数十年ぶりに行ってみたのだけれど、もう圧倒的に懐かしいんですよ。思いのほかよくて感動してしまいました。もうひとつ素晴らしいのは、カメラOKなんです。博物館はだいたいNGですけどね。



 こんなところで宇高連絡線「讃岐丸」に出会えるとは思ってもみませんでした。よくお世話になりました。貨車も積んだんですね。甲板のうどん屋さんを確認するのを忘れましたね。もう一度行かないといけません。瀬戸大橋ができるまで高松駅は四国の玄関でした。

IMGP9872.jpg

 このベージュとえんじ色も見なくなりました。四国では特急の色でした。JNRのマークは今見てもよく出来ていると思います。

IMGP9946_20111031193029.jpg

 村上春樹の「風の歌を聞け」を映画化した、大森一樹監督の同名の映画に神戸発東京行きのドリーム号が出てきます。妙な印象深い映画でした。私は大阪発のは何回か乗ったことがあります。しかしこのリベットのぶつぶつがどうにもこうにも古い。

34.jpg

 2枚の写真をPCソフトで合成していますのでよく見るとヘンなところがあるのですが、1914年の2代目京都駅の再現だそうです。メーテルと鉄郎の別れもこんなホームでした。
 当日は子どもたちがいっぱいで、やっぱり鉄道模型の大ジオラマ、実物の運転席シミュレータは大人気でした。ほかに、自動車やバイク、飛行機、エンジン等も展示してあり、つい長居してしまいました。

続きを読む

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/31(月) 19:35:13|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

11/10/26 Tea-Bone Walker

 例によってタイトルは駄洒落および本文と関係ないのですが、

 茶畑って美しいもんですね。夏も近づく八十八夜あたりが最も美しいのでしょうか。



 宇治田原~和束方面

R0033433.jpg

 ~信楽。いいところですね。お狸様は壮観です。通いましょう。

R0033205.jpg

 陶芸の森。作家さんもこの青空見たんでしょうねきっと。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/26(水) 20:37:12|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

11/10/24 モーターサイクルダイアリーズ 俳都松山 その2

 ひょいと四国へ晴れきってゐる (山頭火)

 ってのもありますね。俳句って同じ作者で似たものがあるみたいですが、バージョンアップということですかね。同じく高浜港。正面は興居島。片道¥230。

R0032972.jpg

 秋空指さしてお城が見えます (山頭火)

R0033061_20111024184742.jpg

 坂の上の雲ミュージアム。ロシアに勝利した40年後に日本は無条件降伏。ロシア戦艦ボロジノの精巧な模型あり。当時の軍艦はずんぐりとした形でほんとに重そうだ。

 舟沈みてあら波月を砕くかな (子規) (「海戦」という副題がついています)

R0033072.jpg

 帰路、今治港へ。ここも大阪、神戸からの船便はなくなってしまいました。

IMGP9749.jpg

 新居浜港から大阪南港へオレンジフェリー。巨大な船体を回頭。さすがに立ち入り禁止でした。

 大船の秋の海面ゆさぶりぬ (子規)

R0033134.jpg

 このオレンジ8(全長156.0m)は三笠(131.7m)よりも大きいんですね。へえー。

テーマ:日記 - ジャンル:車・バイク

  1. 2011/10/24(月) 19:45:21|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

11/10/22 モーターサイクルダイアリーズ 俳都松山

 ゲバラと親友の旅半ばで、愛車<怪力号>はクズ鉄として処分されてしまい、二人は徒歩、ヒッチハイクで移動します。だから私が松山市内をレンタサイクル(¥300/日)で移動しても問題はないんです(?)。

R0033050.jpg

 松山をぶらついた10/11はちょうど種田山頭火の命日でした。山頭火は最後の1年を松山で過ごしたそうです。正岡子規を輩出した街でもあり、俳句甲子園も開かれます。俳句の都、俳都というらしいですね。

R0032933.jpg

 三津浜は子規が松山を発った時に船に乗ったところで、当時は港の設備がなくてただの浜だったそうです。左手の形のいい山は興居島(ごごしま)の伊予小富士。三津浜には子規の句碑があります。

IMGP9734.jpg

 十一人 一人になりて 秋の暮れ

 十一人とは送別会に来てくれた友たちのことで、送別会といわずに十一人、別れての寂しさを一人、と続けるところがなかなか見事です。

 三津浜の入り江には渡し舟があって無料で向こう岸へ渡してくれます。自転車もOK。

R0032945.jpg

 三津浜を海岸線に沿って北へ行くと高浜。ここは興居島行きのフェリーが出ています。

R0032990.jpg

 桟橋には出入り自由で見る見るうちに船が近づいてきます。危ないから退けとも言われません。船首が開いていきます。よく見てもらうと分かりますが、きちんと着岸してないんですまだ。このタイミングで車人をおろすほうも下りるほうもすごいなあ。ほとんど上陸用舟艇、ノルマンディ上陸作戦か硫黄島もかくや。

 ちなみにウチの親が申すには愛媛みかんでも「島」のみかんがおいしい、とのことで興居島みかんはたしかにおいしいです。

秋晴れ島をばらまいておだやかな (山頭火)
興居島へ魚舟いそぐ吹雪かな(子規) (この句碑がそばにありました-写真と合わないですね、すいません)

R0033017.jpg


 高浜港の目の前には伊予鉄高浜駅。以前も来たことがありますが、この木造駅舎ははやく重文指定して保存すべきかと思います。私の中学の学び舎もこんなんでしたが・・・。

 三津浜、高浜ときてもひとつ北には松山観光港の立派なターミナルがあるのですが、大阪神戸~松山のフェリーはつい最近なくなってしまいました。残念。

(俳都松山その2へつづく)

テーマ:日記 - ジャンル:車・バイク

  1. 2011/10/22(土) 19:49:18|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

11/10/19 モーターサイクルダイアリーズ 2日目

 10/9(日)晴
 チェ・ゲバラのごとく国境などなきものにするべく旅に出たはずなのに、民宿で石油ストーブにあたってほっこりしています。いや情けない。部屋に置かれた石油ストーブは懐かしいにおいがしました。



 朝7時宿を出発して剣山登頂と相成りました。こわい思いをして酷道をきたかいがありました。

 さて、いいお天気でのんびりしすぎました。明るいうちに松山に着かなければなりません。下りはR439で行くことにしました。かずら橋、大歩危小歩危を通るコースです。

111009_113230_00.jpg

 やっぱり「高い」ところを通る道もありましたが、登ってきた道路よりはずいぶんましです。再度四国の山深さを感じさせられました。祖谷川も吉野川も名も知らぬ川も、水も石も緑色なんですよ。(めんどくさがらずにPLフィルター付けるんだった)

111009_123656_00.jpg

 大歩危駅を出てゆく、電車ではなく汽車なんですね、当然。
 汽車の向こうの山の中腹に家が見えます。徳島県の山間部ではあちこちの山の斜面に里があります。すごいところに暮らしておられるなあ、と思うことも。移動がたいへんそうです。あまり外からも入ってきにくいということで、平家の落ち武者も隠れられたのかもしれません。

matuyama.jpg

 時間がおしてきましたので残念ながら山を離れ、名所はチラ見で(すごい人出でした)R11を松山へ。課題を残しました。次は早明浦ダム方面へ行ってみたいですね。

IMGP9715.jpg

 松山着は16時半くらいでした。明るいうちに着いてよかったです。次回は松山市内編。

テーマ:日記 - ジャンル:車・バイク

  1. 2011/10/19(水) 20:08:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:7

11/10/17 モーターサイクルダイアリーズ

 タイトルは、若き日のチェ・ゲバラと親友とが南米大陸2万キロをバイクで旅する映画のそれです。まことに失礼ながら拝借いたしました。この映画についてもお話したいことはあるのですが、そしてやっぱり、私なんぞはゲバラの旅の足元にも遥かに及びませんので、タイトルと本文とは関係ありませんのでした。すいません。

10/08(土)晴 (クリックで拡大-以下同)
wakayama~tokusima

 懸案であった剣山~松山バイク行を実行。高槻から外環、和歌山港のフェリー乗り場まで迷わず。10:40の便で徳島。フェリーにはバイクが20台くらい。セローのお兄さんが声かけてくれて、「剣山スーパー林道は道路崩落で通行不能ですよ」とのこと。ありがとう。大丈夫なんです。そっちには行かないんです。いきなり世界チャンピオンに挑戦するようなことはしません。

minokosi.jpg

 吉野川沿いのR192を行けばいいのにエイヤっとハンドルを左、山中のR438へ。スーパー林道は冗談にしてもR438、それに続くR439は知る人ぞ知る酷道なんですね。京都北山を徘徊してたのはこの日のためだったんですね。

IMGP9686.jpg

 最初のほうこそ楽しく走っていたのですが・・・、道が狭いとか、曲がりくねっているとか、荒れているとかはだいたい予想通りなんですが、「高い」のはいけません。ガードレールはあっても崖の上はだめです。私ほんとうに高所恐怖症だわ。停まることもできずひたすら目的地に到着することだけを考えて進みます。写真なぞ撮っていられませんので写真はありません・・・。

yado.jpg

 最後の10kmは遠かった!GPSログが道からはみ出してますが、ほんとにはみ出すと数百m転落および5年くらい発見されないのではとか妙なことを考え出して幻覚妄想状態?
(長くなりますので・・・)

続きを読む

テーマ:日記 - ジャンル:車・バイク

  1. 2011/10/17(月) 20:40:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

10/10/16 笹の上の雲 第2巻

 引き続き剣山登山道および山頂付近からお送りします。自分の影が写ったり妙な光が入ったりしてますがお許しください。



 「刀掛の松」いい雰囲気出してます。

R0032779.jpg

 北西方向。向こうの道はR438。剣山ドライブウエイ。 吉野川、徳島自動車道へ。

R0032824.jpg

 山頂から東方向。左手の谷はバイクで登ってきた方かと思います。

R0032899.jpg

 登山道から頂上方向。北側斜面。紅葉が頂上から下へ進行中でした。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/16(日) 21:10:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

11/10/14 笹の上の雲

 日付順番は前後していくことになりますが、ここは徳島県は剣山の山頂です。南西方向の次郎笈(ジロウギュウ-1930m)の頂が見えます。足元も笹にやさしく覆われていて、稜線の向こうまで笹原は続いています。



 剣山(1954m)は西日本最高峰の石鎚山(1982m)に次ぐ第2の高峰です。石鎚山山頂が岩峰であるのに対して剣山山頂はなだらかな笹の丘となっており、笹原を傷つけないように尾瀬のように木道が設置されています。

R0032819.jpg

 タイトルは駄洒落なワケですが、記憶が新鮮なうちにとにかく写真だけでもUPしておきます。文章は加筆修正されるかも・・・。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/14(金) 21:18:36|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

11/10/12 分け入つても分け入つても青い山

 この連休を利用して徳島県の剣山に行ってきました。タイトルは種田山頭火の句です。山頭火も四国にゆかりのある方だったんですね。しかし、四国はほんに山深いわ!



 今日帰ってきました。後片付けも残っていますので、今日はこのへんで失礼させていただきます。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/12(水) 19:47:02|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

11/10/06 黄色いのもあった!

 高槻市氷室町


テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/10/06(木) 20:59:52|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

11/10/03 紅白の競演と饗宴

 新川姫蛍と花を守る会の花壇では紅白のヒガンバナが満開。コスモスやケイトウなども花盛り。とても大切に育てられています。いつも楽しませていただいてます。ありがとうございます。

R0032650.jpg

 白いヒガンバナがこれだけまとまって咲いているのはあまり見たことがありません。

R0032727.jpg

 ぶ厚い雲が憎らしい。もう一度撮影にいきたいなあ。次の機会はあるや否や。

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/10/03(月) 19:30:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

11/10/01 アユの産卵場を整備しよう!なのだ

 いったい我々は何をしているのかと申しますと、今日は芥川倶楽部のイベント「アユの産卵場を整備しよう!」だったんですね。芥川では魚道ができてアユが例年の数十倍遡上していることがわかってきました。遡上したアユたちはそろそろ産卵の時期を迎えようとしています。そこで、アユの産卵場を整備してたくさんのアユがまた生まれ、また芥川に帰って来てほしいな、と一同がんばったわけです。風はだいぶ冷たくなってきました。身体を動かしてないとと寒かったですね。



 でこれは何なのかと申しますと、アユの食みあとなんです。

IMGP9436.jpg

 川底の石の藻をこそげとった筋がくっきり。オイカワなども藻を食べますがつつくような食べ方なのでこれは特徴的なアユの食みあとということです。しかも、食んだあとはすぐに藻がつくのでこれは今日食みたてほやほやのものだそうです。

 IMGP9469.jpg

 今日の現場は鯉のぼりフェスタの会場あたりの街中なのですが、約20センチのアユが採取できました。お二人はあくあぴあ芥川と東淀川区の水道記念館の学芸員さん。興味深いお話をきかせていただきました。ありがとうございます。みなさんお疲れさまでした。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/01(土) 21:06:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

プロフィール

wooはwoodonのwoo

Author:wooはwoodonのwoo
大阪府高槻市に住んでいる中年男。芥川は高槻の鴨川、というのが理想。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる