続・芥川で遊ぶ!

 大阪府高槻市を流れる芥川やその他フィールドでの写真など。

16/07/31 花の首飾り ザ・タイガース

 あまりご報告するネタがないので安否確認です。もうイネの花が咲いていますね。



 それにしても暑いですね。暑中お見舞い申し上げます。

続きを読む
  1. 2016/07/31(日) 21:11:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

16/07/23 Many Rivers To Cross ジミー・クリフ

 今日はあくあぴあ芥川と芥川倶楽部共催のイベント「お父さんのための魚とり講座」でした。48人の応募があったとのことで、盛況ですね。私は少しだけお手伝い。みなさんお疲れさまでした。ありがとうございました。

R1380658.jpg

 「収穫」についてあくあぴあ学芸員のHさんの解説。こういうのがあると面白さがぐっと深まります。ウシガエルは特定外来生物に指定されてるのでおたまじゃくしも持って帰れません、には大人もびっくり。

 R1380591.jpg

 付近の田んぼも夏模様です。濃厚な水のにおい。

 朝晩涼しいので助かります。疲れが取れますね。バテないうちに遊んでおこうと思います。
  1. 2016/07/23(土) 20:49:33|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

16/07/18 Like a Rolling Stone ボブ・ディラン

 連休出かけそこないましたので、ご近所探訪です。いつもの明治41年測図ですがいろいろ興味深いです。北から南に芥川が流れています。西のほうから流れてきた如是川と合流していますが、この川筋は今と変わらないですね。R171と新幹線がないのはいいとして(?)、高槻駅はあるのですが、摂津富田駅がありません。語ると長くなるのですが(面白いんですこれが)まあ蒸気機関車が走ることに反対運動があったとのことです。地図上では富田村の大きな集落が見えますね。あとは田んぼ。高槻駅のそばには城跡に軍事施設が作られています。

富田村

 この辺の村が合体して高槻市となるのですが、富田村を含む富田台地ってのがあって、現在の町名で言うと、富田丘町、桜が丘町、茨木市にとんで三島丘町と「丘」なんですね。富田台地は東海道本線を南方向に突き出した半島のような形をしています。画面左半分が富田台地ですね。ちなみに左上に「継体天皇陵」とされる太田茶臼山古墳。墳墓が描かれていないのは宮内庁が測量させないから、とにらんでいます(?)。中央上にあるムニャムニャなのが掘り放題の今城塚古墳ですね。

富田

 さて、丘は低地に比べて高地なので丘、なので低地に向かって坂があります。当たり前のことをなぜか力強く申し上げていますが、我が家のある低地からJR摂津富田駅に向かっては、ちょうど旧富田村の中の坂を上っていく形になります。坂に暮らす民は斜面に寝たり起きたりするのはあまりにもつらいので水平を作って家を建てたり畳をしいたりしますよね。それが年月を経て熟成されて、いい坂がたくさんあるんですよ。

P1680335.jpg

 斜面を水平にするには土を盛ったりして、土留めするのに石積みをしています。しかし、ああ石積みねって済ますことの出来ない逸品ってのがあるんです。石の1個1個、また民家との調和がすばらしい。(写真はちょっと色加工などしています)

P1680426.jpg

 野面積みっていうんですね。ブロック塀もこうなると面白い素材。

P1680349.jpg

 これは谷積み。石の加工技術が進んでこうなっていったと。よく見るやつですね。

P1680391.jpg

 お寺の鐘楼です。水平につむのは布積み。谷積みが和風伝統で、きっちり水平布積みは洋風とも。

P1680380.jpg

 野面積みと布積みのハイブリッド。

P1680373.jpg

 別角度から。上のほうに続く路地があります。どきどきします(?)。

P1680416.jpg

 神仏分離で神社から追い出されたのをあんまりだと地元の方が安置したお地蔵様。阿闍梨に出世したので転ばなくなったと。微妙に水平出ていないせいではないのか?これも石がいいなあ。

P1680361.jpg

 お地蔵様の前にもすてきな路地。

P1680434.jpg

 木造長屋と生垣、石積みと坂道。私としてはベストマッチ!

P1680419.jpg

 団子三兄弟(古い)みたいに見える(?)現役の酒蔵です。富田村の名前はJRの踏切に今も残っています。毎日ここを通って通勤する幸せをあらためてかみしめています(?)。

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2016/07/18(月) 20:24:08|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

16/07/10 安威 おぼえていますか

 今回も古い地図からスタートです。明治41年測図の茨木(市制は戦後)周辺です。東海道本線は通っていますが名神もR171も阪急もまだありません。

茨木川

 南北に2本川が流れています。東に安威川、西に茨木川ですが、治水などの目的で1941年茨木川と安威川は東海道線の北、西河原で合流一本化されました。茨木のえらいところは、旧茨木川を緑地、遊歩道にしたところですね。立派な桜もたくさんあり、おかげで、旧川筋がすぐにわかるし、木陰の長い散歩道を歩くことができます。

R1380376.jpg

 同時に安威川流域の西河原地区では川が直線化され、西河原という地名を残しながら実は河の東側になった、と。これは話には聞いていましたが、意識して行くのは初めて。

R1380355-001.jpg

 西河原の路地です。いい雰囲気ですね。

R1380347.jpg

 旧川筋の堤防でしょう。これは北を向いて撮っていますので、向かって右側が旧安威川、左手がほんとの「西」河原。

R1380314.jpg

 西河原の古民家のねきにオミナエシ。

R1380333.jpg

 にらまれてしまいました。

R1380367.jpg

 向かって左が安威川、右が新しく開削された茨木川です。茨木川はここで終了となります。旧茨木川に戻って遊歩道を下っていくと、

R1380395.jpg

 かつての橋や樋(水路と考えていいのでしょうか)の碑がたくさんあります。ここにはあの古田織部の屋敷があったそうで、以前すっとびさまに教えていただいたのですが、やっとたどり着くことができました。碑の向かいには川端康成文学館。まだ入ったことがないのですが。

R1380414.jpg

 ここも堤防だったと思われます。左側が旧川筋。とても涼しいです。気持ちよく走れますね。

 さて安威川は摂津市で大正川と合流します。大正川を遡上すると、境川との合流視点に「ガランドポンプ場跡」ってのがあります。

R1379407.jpg

 二つの川が合流するところは大水となるとちょっと心細いですよね。そこでポンプを使って強制的に川に排水する仕掛け。安威川と茨木川、芥川と淀川の合流点にもポンプ場があります。最初この「ガランドポンプ」ってのがわからなくて、検索しても出てこない。やっと摂津市のHPで発見。何か機械の名前かと思ったら、このあたりにあった「伽藍堂」とのことで、なーんやそれは(笑)。




続きを読む

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2016/07/10(日) 21:53:14|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

16/07/03 丘を越えて行っこうよ 真澄の空は 朗らかに 晴れて

 またか、とお思いでしょうがお付き合いください。すいません。幼少のころ住んでいた千里丘陵です。南北に新御堂筋、東西に中国自動車道、右上には万博公園が見えます。南にははっきりした美しい弧を描く線が見えますが、これは海が侵食して作った崖だそうです。

千里丘陵

 千里丘陵といえば、垂水神社のさわらびの滝とか、アサヒビール工場とかはずせないのですが、こたびははずします(笑)。

1947米軍撮影

 ほぼ同じアングルで。1947年米軍撮影の航空写真てなものがネットにあるんですね。これも国土地理院のサイトから見ることができます。本家ではもっと高解像度で見られるのですが、びっしりと棚田でおおわれています。丘陵なのに水が確保できたんですね。それがアサヒビールにつながるのですね。

R1379968.jpg

 ということで吹田市片山町2丁目交差点。ここからの上りが千里丘陵になります。けっこうな坂で、標準和名「片山坂」。国鉄当事、東海道本線とつながっていてこの坂を列車が上っていったという!廃線跡ですね。

 千里丘陵は山あり谷あり今も道が細く曲がりくねっていてしょっちゅう道に迷います。片山坂を上りきっていつもどおり道に迷いつつ・・・、

R1380043.jpg

 ありました。千里丘陵に棚田が残っているんですね。ほかにも田んぼ有り。佐井寺という昔からの集落、このあたり、里山の雰囲気濃厚です。ちょうど稲が育ち始めたころ、手前にははすの花も咲いています。巨匠筒井康隆さんのお宅があったらしいです。

 千里といえばたけのこも特産だったのですが、竹やぶもほとんど見られなくて・・・

R1380254.jpg

 ありました(笑)。豊中市上新田。きれいに整備された竹林でここではたけのこ産業が健在のようです。上新田もかつてからの集落ですが、ぐるりを千里ニュータウンにかこまれたドーナツの穴みたいな凹地なんですね。どれだけ凹んでいるかというと、

R1380144.jpg

 ううう、忘れ物しても取りに戻れません。

R1380124.jpg

 上新田のすてきな旧道です。自転車なので好きなだけ行ったり来たりできます。

R1380268.jpg

 帰路、丘陵を下って亀岡街道。茨木市宇野辺。「旧道」(弓道と同じ発音で)追求しようかしら。

続きを読む

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2016/07/03(日) 18:29:55|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

wooはwoodonのwoo

Author:wooはwoodonのwoo
大阪府高槻市に住んでいる中年男。芥川は高槻の鴨川、というのが理想。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる