続・芥川で遊ぶ!

 大阪府高槻市を流れる芥川やその他フィールドでの写真など。

17/06/25 TAKE Me Home, Country Roads

 せっかくの雨なので、先週に引き続き洛西竹林公園に行ってきました。ハイ、くどいのです。すいません。



 地形を利用した美しい公園です。雨模様のなか、お客さんはほとんどいません。資料館の方もいろいろ声をかけてくれます。

P1800124.jpg

 やはり雨にぬれた竹林は格別の美しさだと言われます。うんうんやはりそうでしょう。今日の雨は中途半端で竹の幹まで濡れない。土砂降りの後がもっとよい、とのことです。土砂降りか・・・。生半可ではいけないんだなあ・・・。

P1800181.jpg

 モミジもあるし、桜もあります。4月は竹の足元にシャガが乱れ咲きとのことで来年4、5、6月の土砂降りはチェックしておきましょうね。

 P1800241.jpg

 今年のたけのこが成長し皮一枚剥けた直後が一番美しいと。おっしゃられる通り、このしっとり感がたまらない。今年産まれた金明竹。金明孟宗より細い。青字に金の筋が入る銀明竹てのもあってこれまたお見事!でした。

  1. 2017/06/25(日) 18:56:34|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

17/06/18 Take Five

 アジサイを求めてさまよったのだけれどうまくいかず。ううう。

P1790679.jpg

 気を取り直して、久しぶりに洛西竹林公園へ(脈絡はほぼなし)。

P1790798.jpg

 黄金の肌に緑の筋「金明孟宗」。見てよし食べてよし使ってよし。竹にはずいぶんお世話になってます。

P1790858.jpg

 たくさんの品種があってありすぎ。笹もたくさん植えてあって、一つだけ覚えて帰った。「チマキザサ」。

P1790900.jpg

 公園のまわりはたけのこ用の竹林が広がっている。きちんとお手入れされた竹林はほんとうに美しい。竹の秋が終わって一番竹の葉の美しい季節。来てよかったですね。

テーマ:季節の風景 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/18(日) 17:55:58|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

17/06/11 エリー マイ ラヴ 疎水

 山科駅から琵琶湖疏水をたどってみました。



 JRや京阪がそばを通っているのですが、静かなところです。人も少なく緑も深くとても落ち着いた気持ちになります。

P1790510.jpg

 この第一疎水第3トンネルの向こうはインクラインになります。いやー船も通っていたんですよね。閉所恐怖の方には難しそう。

P1790445.jpg

 山科区ではずいぶん高いところを流れているのがわかります。この落差がインクラインであり南禅寺水路閣であり、発電もしたわけですね。

 アジサイがないかなと思っていたのですが残念ながら。大きな桜の樹ともみじの樹がたくさんありました。次の春と秋はぜひ行ってみたいです。京阪電車作成のマップが詳しいですね。行く前に読んでおくんだった・・・。

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/11(日) 18:02:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

17/06/04 窯 together

 タイトル苦しいです(笑)。

 20年以上も職場に昼食を届けてくれていた料理屋さんが店をたたんでしまわれました。職場は大パニックです。毎日コンビニ弁当はつらいし自分で作るのは続かないのが明らかです。とりあえず職場に眠ってる炊飯器があったので、ご飯だけは炊くことにしました。ご飯を食べるにはふさわしいお茶碗というものが必要です。というわけでお茶碗を買いに信楽へ行ってきました。



 リハビリ兼ねてちょっと坂道をうろうろします。うんうんいい調子。この Ogama カフェではこの大窯を眺めながらおいしくコーヒーをいただくことができます。Ogawa コーヒーは高槻にもあるけれど、Ogama コーヒーはここでしか味わえません。

P1790256.jpg

 コーヒーだけでなく、お店そのものも素敵なのです。

P1790210.jpg

 産業遺産的に保存された登り窯もありますが、ほぼ放置で土に還らんとする窯もあります。以前も申し上げたかもしれませんが、王蟲の骸のようです。

P1790317.jpg

 肝心のお茶碗は信楽駅口交差点そばのいつものお店で買いました。このお店好きなのです。入りやすくて薄暗くて所狭しと陶器が並べてあってお宝が眠ってる感がものすごいのです。ああ楽しい。

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/04(日) 19:42:44|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

プロフィール

wooはwoodonのwoo

Author:wooはwoodonのwoo
大阪府高槻市に住んでいる中年男。芥川は高槻の鴨川、というのが理想。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる