09/01/21 正岡子規「仰臥漫録」

2 Comments
wooは宇宙船のwoo
 読みかけだった正岡子規「仰臥漫録」(岩波文庫1927)読了しました。古本屋で¥100でした。結核でほとんど寝たきりになっている自宅の病床でかかれたものです。子規の最晩年の俳句と記録です。俳句も短歌もした子規ですが、絵も描いていた。これがまた味のある絵なんですよ。



0121-2.jpg

 字もいいですね。

 記録として何を食べたか便通があったとか詳しく記録されているのですが、まあなんとたくさん食べていることか。たとえば明治34年10月2日(p92)

朝 ぬく飯四わん はぜ 蛤佃煮 ならづけ 牛乳5勺(約90ml)ココア入り 菓子パン 塩せんべい 
午 まぐろのさしみ 粥三わん 煮豆(黒豆とうづら豆) なら漬 梨二つ
夕 雉肉たたき 卵1 むし飯三わん 煮豆 さしみの残 梨一

 これもバイタリティーなんでしょうか。翌年亡くなってしまうのですが。
 ところで、今年秋から放映予定のドラマ「坂の上の雲」で正岡子規役の香川照之さんは病気の進行する子規を演じるのに15kg減量したそうです。スゴイ。
wooは宇宙船のwoo
Posted bywooは宇宙船のwoo

Comments 2

There are no comments yet.
BOSS  

wooさん、こんばんは。
正岡子規ですか・・・ワタシ、愛媛県民ながらそのような書物を読んだことないですね。
お恥ずかしい限りです。
しかし、おっしゃるとおり、味のある絵だこと。
文才だけじゃなく、絵心もあったんですね。
ちょっと、正岡子規に興味が湧いてきたかもしれません。
今度、機会があれば、子規堂にでも行ってみようかな? (子規堂にも行ったことないワタシって・・・^_^;)

2009/01/24 (Sat) 23:22 | EDIT | REPLY |   
woo  

 おおBOSSさま。コメントありがとうございます。
 私はにわか四国ファンでして、それは石鎚山と司馬遼太郎のおかげです。子規堂と子規博物館も昨年はじめて行きました。子規堂は実物の書斎や絵などがあって¥50(!)ですし市駅すぐなのでお得感は大きかったです。中年になって俳句や歌、風景などが楽しくなってきました。歳をとるのは楽しいことです。
 がんばりますのでまたおいでください。

2009/01/24 (Sat) 23:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply