09/06/07 タラの芽

0 Comments
wooは宇宙船のwoo
 山の辺をうろうろしていると、とげとげの木がいくつかあります。モミジイチゴはそれはそれはおいしい実がなるのですが、するどいとげのため、素手で収穫するのは困難です。ジャケツイバラは鮮やかな黄色い花につられてふらふら手を出すとひどいめにあいます。木の芽=山椒もとげだらけ。ノイバラも淀川河川敷に繁茂、今花盛りですが、茨の道とはよく言ったもので、できれば通りたくない。
 とげとげだけなら誰も近寄りもしないのですが、バラの花がそうであるように、引き寄せられるのはなにかしら「オイシイ」ものがあるからです。春の味覚、タラの芽もまさにその例外ではありません。
 某所にタラの木があるのは調査済みでした。春先、枝も葉もないズボンととげとげの凶悪そうな幹一本。タラの木です。じゃあタラの芽をということで再度見に行くのですが、もう摘まれてしまっていたり収穫できたためしがありません。



 写真は大原野森林公園のタラの木。この木は4mくらいあり、テラスから撮影したものでとても手が届きません。その前に、公園の木の芽を勝手に摘んだりしてはいけません。森林公園じゃないところにもけっこうあります。林道沢筋がねらい目かと。

 IMGP8130.jpg

 だれも摘まないと、たくさん葉を出して枝を伸ばします。タラの木には雄雌があるそうで、雄には葉っぱの付け根にも鋭く長いとげを出しています。タラの木は花を咲かせて晩秋に結実するそうで、実を収穫に行こうかと思っています。自家製山菜をもくろんでおりまする。
wooは宇宙船のwoo
Posted bywooは宇宙船のwoo

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply