11/10/22 モーターサイクルダイアリーズ 俳都松山

2 Comments
wooは宇宙船のwoo
 ゲバラと親友の旅半ばで、愛車<怪力号>はクズ鉄として処分されてしまい、二人は徒歩、ヒッチハイクで移動します。だから私が松山市内をレンタサイクル(¥300/日)で移動しても問題はないんです(?)。

R0033050.jpg

 松山をぶらついた10/11はちょうど種田山頭火の命日でした。山頭火は最後の1年を松山で過ごしたそうです。正岡子規を輩出した街でもあり、俳句甲子園も開かれます。俳句の都、俳都というらしいですね。

R0032933.jpg

 三津浜は子規が松山を発った時に船に乗ったところで、当時は港の設備がなくてただの浜だったそうです。左手の形のいい山は興居島(ごごしま)の伊予小富士。三津浜には子規の句碑があります。

IMGP9734.jpg

 十一人 一人になりて 秋の暮れ

 十一人とは送別会に来てくれた友たちのことで、送別会といわずに十一人、別れての寂しさを一人、と続けるところがなかなか見事です。

 三津浜の入り江には渡し舟があって無料で向こう岸へ渡してくれます。自転車もOK。

R0032945.jpg

 三津浜を海岸線に沿って北へ行くと高浜。ここは興居島行きのフェリーが出ています。

R0032990.jpg

 桟橋には出入り自由で見る見るうちに船が近づいてきます。危ないから退けとも言われません。船首が開いていきます。よく見てもらうと分かりますが、きちんと着岸してないんですまだ。このタイミングで車人をおろすほうも下りるほうもすごいなあ。ほとんど上陸用舟艇、ノルマンディ上陸作戦か硫黄島もかくや。

 ちなみにウチの親が申すには愛媛みかんでも「島」のみかんがおいしい、とのことで興居島みかんはたしかにおいしいです。

秋晴れ島をばらまいておだやかな (山頭火)
興居島へ魚舟いそぐ吹雪かな(子規) (この句碑がそばにありました-写真と合わないですね、すいません)

R0033017.jpg


 高浜港の目の前には伊予鉄高浜駅。以前も来たことがありますが、この木造駅舎ははやく重文指定して保存すべきかと思います。私の中学の学び舎もこんなんでしたが・・・。

 三津浜、高浜ときてもひとつ北には松山観光港の立派なターミナルがあるのですが、大阪神戸~松山のフェリーはつい最近なくなってしまいました。残念。

(俳都松山その2へつづく)
wooは宇宙船のwoo
Posted bywooは宇宙船のwoo

Comments 2

There are no comments yet.
白雪  
こんにちは

十一人 一人になりて 秋の暮れ 
これだけで真意が伝わってくるのってすごいですよね。
日記に余計なことまで全部書いてしまう私には無理だなぁ~(笑)

船、そういえば夏に行ったうさぎ島のフェリーも同じく
こんな感じで車や人が乗降するので、びっくりしたのを覚えています。

2011/10/25 (Tue) 12:36 | EDIT | REPLY |   
woo  
>白雪さま

 いつもありがとうございます。

 俳句って言葉の選び方使い方がすごいです。感心してしまいます。といっても子規と山頭火の小さな句集を持っているだけなんですが。

 こたびは船と縁のある旅でした。次は白雪さまのように島に渡ってみたいですね。

2011/10/25 (Tue) 19:33 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply