13/10/05 天国への登り窯

6 Comments
wooは宇宙船のwoo
000.jpg

 ひさしぶりにまとまった時間ができたので秋の偵察に信楽に行ってみたところ、えらいことになっていました。10/1~10/20まで「信楽まちなか芸術祭」とのことです。変り雛ならぬ変り狸とでも言うべきでしょうか。いいえもはや狸ですらなく、生き物であることも超越しています。これはもうひょっとして神?

 神々の導きにしたがって歩みを進めていくと、

P1280761.jpg

 昭和の時代まで使われていた登り窯です。近くまで寄れます。触ることすらできますが今にも崩れそうで触ることができません。中ものぞくことができます。

P1280798.jpg

 また別の登り窯(元)です。近代産業遺産に指定されています。

P1280856.jpg


 そばには、これは現役の陶房です。

P1280826.jpg

 これもまた別の元登り窯です。古代ローマの遺跡もかくやという感じです。

P1280906.jpg

 もともと値札のついた商品なのですが、雨ざらし雑草のなかで「陳列」されているというのは考えれば珍しいことなのかもしれません。それがまた良かったりするんですよ。

P1280692.jpg

 朽ちなむとする登り窯の中に街がある。そして神々がおわする。街そのものが超芸術と化しているのかもしれません。

P1280935.jpg


 もはやこれや

P1280706.jpg

 これが

P1280930.jpg

 芸術でないと私には言うことはできません。開催中もう一度行ってみたいですね。
wooは宇宙船のwoo
Posted bywooは宇宙船のwoo

Comments 6

There are no comments yet.
すっとび  

信楽のタヌキさんも芸術の秋ですね。
下から三枚目の写真なんて、海外のファッション誌に出てきそうな雰囲気です。
タヌキだけに、色々な姿に化けるのはお手の物といったところなのでしょうか。

2013/10/05 (Sat) 23:13 | EDIT | REPLY |   
白雪  

信楽は最近とんとご無沙汰ですが、芸術祭なるものが開催されるようになったんですね!
あちこちにの地方に感化されてのことかしら。
いずれにしても興味深いです。

登り窯はまだ一度しか見たことがありませんが、こんなにあるのですね。

すっとびさまがこれまたお上手にコメントされています下から3枚目
たぬきだけじゃなくwooさまのお写真もかなりの芸術作品だと思いました。
額に入れて飾るとおしゃれだろうなー。

2013/10/06 (Sun) 08:59 | EDIT | REPLY |   
woo  
>すっとびさま

 さすがうまく化けたなというところですね。(おっと今地震です-おさまりました)しかしこうなるともともと狸だったかどうか。信楽の街の結晶なのかもしれません。腐海と蟲たちのような関係。

2013/10/06 (Sun) 12:09 | EDIT | REPLY |   
woo  
>白雪さま

 登り窯ご存知でしたか。さすがです。私はこれまでお店をちょこっと覗いたくらいでほとんど素通りしていたようなものです。街そのものがキャンバス、すばらしい。狸たちも自分が一番映える場所を知っている。自分のホームタウンですものね。

2013/10/06 (Sun) 12:13 | EDIT | REPLY |   
DRAGS-007  

私的にサイボーグタヌがツボですが、
何処かで見た事があるな。と思ったら、ザボーガ―の敵役にこんなのが居た様な気がします。

登り窯のお写真や錆びたトタンも好きですe-68

2013/10/07 (Mon) 21:42 | EDIT | REPLY |   
woo  
>DRAGS-007さま

 サイボーグタヌはキカイダー(古!)を思い出しました。この狸たちは体型がいいと思います。どんなに飾っても猫背でしまりのない感じで、親近感。アメリカ製だと下あごがごつくてマッチョになってしまいます。ハリウッドゴジラは気持ち悪いです。

 錆びたトタン板のよさを初めて知ったような気がします。野ざらしの陶器と似た味わいがありますね。

2013/10/08 (Tue) 08:21 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply