17/12/23 ねーえおどいどお?えーね。

4 Comments
wooは宇宙船のwoo


 なんのこっちゃとお思いでしょうが、今年のうちに行かなければならないところに行っておきます。魂の仕事納めをしておくのです。
 京都市北区千本北大路で市バス下車。道路が盛り上がっています。ワクワクします(?)。

P1860361.jpg

 この盛り上がりに沿って北上すると、おおこれは例のあの、

P1860377.jpg

 そう!秀吉が築いたという「御土居」なんですね。タモリさんも訪れておられました。『京都の凸凹を歩く』に詳しくあります。著者梅林秀行さんのサイト「京都高低差崖会」にも大いに刺激を受けました。学会でなく崖会っていいですね。

1-全画面キャプチャ 20171223 192422

 地形図に御土居がはっきりと見えます。現在①の御土居に来ていますが、この御土居だけは公園として自由に上がって良いことになっています。会いにいける御土居なんですね。

P1860384.jpg

 御土居の尾根にいます。盛った感かなりあります。御土居の内側を洛中、外を洛外として出入り口は数箇所に限ってたそうです。①は紙屋川の侵食を利用して洛中より洛外方向はかなりの高低差があります。

P1860423.jpg

 ②に来ました。ここは御土居の西北端で直角に折れていますが、御土居の断面がきれいな形で保存されています。

P1860496.jpg

 ここは柵をしてあってきれいに整備されています。御土居の正面には、

P1860437.jpg

 ここはあの御土居餅を購入しない手はないでしょう。と思ってお店のご主人に「御土居餅・・・」と申し上げるやいなやご主人、「中入れるで。鍵貸したげるわ、そこ名前書いといて」ということで、おそれ多くもかしこくも、史跡に潜入することができました(梅林さんの本にもご主人に申し出れば鍵を借りられるとあります)。まさかご主人の方からお声をかけていただけるとは。

P1860475.jpg

 御土居の外側です。盛っただけでなくさらに外側を掘り下げてあります。なんだかすごいたいへんそうです。

P1860429.jpg

 御土居の先端から御土居餅のお店を見ています。まさに御土居餅を生業とされるにふさわしい場所。

P1860451.jpg

 お店にはブラタモリのロケ風景の写真もありました。ご主人、どうもありがとうございました。御土居餅おいしいかったです!

P1860517.jpg

 さて③に来ました。(長くなってしまってますがご容赦)200m以上にわたって保存されていますが、その東端から見ています。右側が洛外。外側を掘り下げてる感じがよくわかります。なんと申しましょうか、異物感がすごいです。梅林さんの言葉を借りれば「全然はんなりじゃない」です。異様です。

P1860542.jpg

 さて④に来ました。ここは大宮交通公園。京都にこんなところがあるのですね。この公園の中に、

P1860557.jpg

 しっかり保存されています。葉を落とした樹が似合います。まるで墳墓のようですね。

P1860626.jpg

 御土居の北東端に来ました。⑤地点です。鴨川上流の賀茂川に出ました。比叡山が近いです。

P1860591.jpg

 堀川通りで分断されていますが、ここにもかわいく保存されています。

P1860632.jpg

 堀川通りを挟んで東、ケヤキの大木を角にして御土居は南へ向きを変え賀茂川と平行します。そのまま御土居は南へ一直線だったので、鴨川沿いは洛外だったということになります。

P1860622.jpg

 さて中学校の敷地で御土居はとぎれています。北の辺はかなり濃厚に御土居を体験することができるところかと思います。総延長23kmらしいので、他のところにも行ってみたいですね。語り残したことがたくさんあるような気もしますが、何事も過剰はいけません。これで今日の報告を終えたいと思います。長文乱筆乱文失礼いたしました。

wooは宇宙船のwoo
Posted bywooは宇宙船のwoo

Comments 4

There are no comments yet.
すっとび  

今回のお題は御土居なのですね。
そういえば京都市内には土居のつく町名や通りがいくつかありますね。
北野天満宮にはよく行くので、あそこの御土居は気になっていましたが、改めてみると随分広範囲な史跡だったんですね。
さすが天下人の仕事ですね。

2017/12/24 (Sun) 15:21 | EDIT | REPLY |   
woo  
>すっとびさま

 御土居なんてのがあるなんて全然知らなくて、教えてくれたのがタモリさんと梅林さんでした。北野天満宮からスタートするべきか悩んだのですが、天神さんを短時間で通過していくというのは難しそうな気がして、次の課題としました。京都市の作った御土居地図が詳しいですね。これも帰ってきてから見つけました。トホホ。

http://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/cmsfiles/contents/0000120/120267/08.pdf

 御土居を盛って掘って完成させるのに4ヶ月ってんですから秀吉の権力と財力の巨大さには今回もびっくりです。

2017/12/24 (Sun) 18:47 | EDIT | REPLY |   
白雪  

なんだか聞いた事があるぞ!?と思ったら、そうでした、御土居餅のお店も覚えてます。
すごく美味しそうだったのも…。

段差とか坂とか、この回を観てから普通に歩いていても意識するようになったように思います。

そうですかwooさんとうとう行かれましたか。
鍵をお借りして御土居の上にも上れるのですね。
これはとても貴重な体験だと思います。
まさに今年の締めにふさわしい探索でしたね。
ん?まだ5日ありますね(笑)

2017/12/26 (Tue) 14:11 | EDIT | REPLY |   
woo  
>白雪さま

 覚えておいででしたか。さすがお眼が高い!当然御土居餅の方もですね。

 京都のこのあたりは行ったことがなくてとても興味深かったです。イメージよりかなり巨大で、尾根には竹を植えたりしたそうなのでちょっとやそっとでは超えることはできなさそうです。むしろ何を恐れているのだろうという疑問さえ浮かび上がってきました。秀吉は外の人々(ニンゲン以外のもの?)を恐れたのでしょうか・・・。御土居餅を食べながら妄想に耽るのです。

 あと5日ありますね。もう一発〆が必要かも。しかしネ、ネタが・・・。

2017/12/26 (Tue) 21:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply