18/04/30 スウィート・アンド・サワー

4 Comments
wooは宇宙船のwoo


 久しぶりに芥川倶楽部の活動に参加してきました。主にはその辺の、ほんまにその辺の植物の観察と同定。写真は、タニウツギについて講義する講師と参加者一行。

P1910167.jpg

 たちまち100種近い植物他生き物が「採取」。とても覚えきれないが、こういうのはやはり一人ではどうしようもなく、やはり講師や他の方の知見をお聞きできるというのは貴重な機会。

 私にも積年の疑問が解けた。写真はスイバ、主に雌株。酸っぱいからスイバ。同じように酸っぱいのにはイタドリがあって、あまり似ていないが、甘酸っぱい味は似ている。スイバは今、開花結実してきていて芥川の土手もとてもきれい。

P1910190.jpg

 これがイタドリ。これも甘酸っぱい。太いのは味もよく水分も多いのでのどが乾いた時には大助かり(?)。スイバは細いので食べるには適していないなあ。スイバによく似ていて酸っぱくないのはギシギシ。
 スイバ(雄株、雌株)、イタドリ、ギシギシの区別ができるようになりました!スカンポというのはスイバ、イタドリどちらにも呼ばれることがあるらしくこのへんがややこしくなっている一因かと。本日おおいに学習しました!

wooは宇宙船のwoo
Posted bywooは宇宙船のwoo

Comments 4

There are no comments yet.
すっとび  

植物は見た目もさることながら、名前もややこしくて覚えるのが大変ですね。

この季節、イタドリで水分補給できると知っていると、いざというときに助かりますね。
ぼくも自転車で走っていて、自販機も水道も見つからないときは、イタドリを探してみようと思います^^

2018/05/01 (Tue) 08:44 | EDIT | REPLY |   
woo  

知り合いは、子供の頃水筒がわりにイタドリ2~3本自転車の前かごに入れてお出かけしていたそうです。

この日はほかに、クレソン、菜の花、ハリエンジュの花など味覚も堪能しました。名前は難しいけれど、味ならよく覚えられます(笑)。

2018/05/01 (Tue) 13:26 | EDIT | REPLY |   
白雪  

身近なものでもわからないことが多いのでこういったイベントは嬉しいですね!
スギ花粉はとうに終わっているはずなのに最近ちょっとムズムズするので
ひょっとしてこのスイバかな…ともニセアカシアかな?それともクヌギ?
どれにしてもあまり近付きたくないので、離れて歩くような感じになってます。
スイバってちょっと赤味が付くときれいですよね。
ついカメラを向けたくなります。

イタドリ、今度散歩のときに気をつけて見てみます。

2018/05/08 (Tue) 13:25 | EDIT | REPLY |   
woo  
>白雪さま

 コメントたくさんありがとうございます。

 ニセアカシア(ハリエンジュ)の花は甘い香りがしてほのかに甘い味がしました。花をてんぷらにするとうまい、とも教えてもらいました。スイバはきれいですね。味よりは観賞向き。味わうならイタドリ。ときどき山菜とともに売ってたりするのですが、あまりにありふれていて、これだけは買う気になりません(笑)。なるべく太いところを、皮をむいてかじります。思い出すだけでつばが出てきます。

2018/05/08 (Tue) 19:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply