18/08/05 Train kept a rollin'

4 Comments
wooは宇宙船のwoo
 暑すぎて引きこもりそうなので、今年も青春18きっぷの旅に出ることにしました。お出かけしないときっぷ代がもったいない。酷暑には貧乏性で対抗するのです。



 川は紀ノ川です。紀ノ川は万葉集の時代は南へ進路を取り、海に注いでいました。今のように直線的に流路が変わったのはなんと1495年の津波によってとのことです。南の河口部は和歌の浦と呼ばれ、今も広大な干潟があります。満潮となれば小山が島のように浮かび上がり風光明媚この上なしであったと。

「若の浦に潮満ち来れば潟をなみ葦辺をさして鶴鳴き渡る」(山部赤人)

 鶴まで飛んできていたと。

P1030690.jpg

 今回の和歌の浦は満潮でした。列車の時刻はチェックしていたが潮の満ち干まではチェックしていませんでした。広大な干潟は見られませんでしたが、海と陸のはざまにはいろいろ面白いものがいましたよ。

P1030628.jpg

 1センチくらいの巻貝。貝にしてはやたら動きがちょこまかと思ったら、三分の一くらいはヤドカリなんですね。

P1030614.jpg

 おどかしてごめんね。

P1030752.jpg

 ム、ムツゴロウ!?ではないんですね。トビハゼだそうです。水面を飛び跳ねるのを見ましたよ。小さな干潟には××シオマネキも。

P1030875.jpg

 水煙ユラユラ・・・エイですと!!横幅40センチくらい。エイがみられたのは満潮なればこそ。

P1030588.jpg

 干潟は、海と陸の境界域は生き物の宝庫です。やたらに埋め立てたりもうしないでいただけたらと思いますね。

P1030640.jpg

 和歌の浦と砂州をはさんで片男波海水浴場。やはり泳ぐべきでしたかね・・・。

P1030561.jpg

 新大阪発湯浅行の新快速は春のダイヤ改正でなくなってしまったんですね。まあ和歌山駅乗り継ぎ紀勢線紀三井寺駅下車でしたから、もうすぐ湯浅ではあるのですが。実はこの日は後半戦があるのです。またUPしますね。

wooは宇宙船のwoo
Posted bywooは宇宙船のwoo

Comments 4

There are no comments yet.
白雪  

いいですねー!青春18切符の旅、その手がありました。
ちいさなヤドカリさんたちですが、あまり大きくならない種類なのでしょうか。
最近は暑さから逃れるために海より山に偏りがちです。
でも夏にしか楽しめない海でもありますし、たまには海の生き物たちと戯れるのも楽しそうですね。

2018/08/07 (Tue) 17:18 | EDIT | REPLY |   
すっとび  

和歌の浦、万葉のころからの古式ゆかしき名勝ですね。

海の上の緑に囲まれたお家がいいですねー!
やはり和歌山の海は生き物が豊富で楽しいですね。
エイは泳いでいるときに遭遇すると恐怖ですけど^^;

2018/08/07 (Tue) 18:56 | EDIT | REPLY |   
woo  
>白雪さま

 この間毎日何度も天気予報を見ています。和歌山は大阪よりだいたい2℃低いのですよ。行ってみたらほんとに涼しい、川面や海辺を渡る風はくどいようですがほんとに涼しかった!

 10年前のブログ記事にもここを訪れた記録があって、その時は干潮でした。干潟には生き物がいっぱいで。ヤドカリはどこまで大きくなるのでしょう。大きくなったら宿替えするんですよね。飼育してみたい気もしました。夏はやっぱり海ですよ!というより、大阪が暑すぎるのでしょうね・・・。

2018/08/07 (Tue) 19:20 | EDIT | REPLY |   
woo  
>すっとびさま

 ヨーロッパのお城で海に浮かんでいるの、ありましたよね。あれの和風ヴァージョンということで(笑)。

 和歌の浦は全国でも有数の干潟だそうで、かつてはもっと広かった。和歌山城からの眺めはすばらしかった、と和歌の浦「万葉館」にありました。足元にエイがいるとはびっくり。この場合は石の護岸工事のため安心して見てられました。護岸工事も大事ですね(笑)。

2018/08/07 (Tue) 19:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply